ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「運命を分けたザイル」
あらすじ…1985年、イギリスの登山家ジョーとサイモンは、ペルーのアンデス山脈にある標高6600メートルの超難関、シウラ・グランデ峰に挑んだ。若い2人は前人未到の西壁側を進路に選び、見事登頂に成功するしかし下山を始めてまもなく天候が急変。そしてジョーが滑落して右足を骨折。サイモンは、ザイル(命綱)一本を頼みの綱になんとか共に下山を試みるが、ジョーは絶壁に宙吊りの状態になってしまう。2人とも身動きのできない状況下、サイモンはやむを得ずナイフを取り出す・・・

この作品が実話であり、本人が当時の様子を語りながら再現フィルム形式で描かれていると知った時、某テレビ局の「世界ま○みえ」の1コーナーのようだなと思いました。
本人が回想する場面に切り替ったり、随時コメントが入る手法だと緊迫した映像を分断してしまい、観る側の緊張感に水を差すのではという危惧がありました。

けれどこれは全く要らぬ危惧でした。

まず随時状況の解説的に入る本人のコメント。これは「登山」と言った状況だからこそ逆に必要なものでした。何故かといえば雪山登山中にペチャクチャと会話がされるわけはないのですから。
見ているだけではわからないその時の状況、心情が克明に説明されることで「映像」を観るだけでは伝わってこない緊迫感が切々と伝わって来ます。
例えば「雪は身体に張り付き鉛の鎧をまとっているかのようだ・・」などという形容は画面を見ているだけでは伝わってこないですよね。

ここで例に出したいのが「ジェリー」と言う作品(ブログにあるので参考にしてください)。
砂漠に迷い込んだ二人の物語なのですが、同じように会話が極端に無く、淡々と映像を観客は追います。もちろん説明は無いので観ている方は「無言」の中に主人公達の心情をこうなのか?ああなのか?考えあぐねるわけです。

もちろんこうした手法もありなのだと思いますが、緊迫感はなかなか伝わってきにくいです。
「運命を分けたザイル」では随時克明に表現されているので緊迫感がたやすく伝わってくるんですね。

そして本人が出てくるということでドキュメント性が前面に出て、これは真実の話なんだという「なまもの」であることを実感します。

本人が出てくるのだから助かるのだというラストはわかっていながら、どうなってしまうんだろう、助かるんだろうかとつい思ってしまったし、
2人が生きて再会した時に安堵もしていました。

ドキュメンタリーが一本のスリリングかつヒューマンドラマとして、起承転結の完成度も高く心が揺さぶられる作品になったのはこの2つの手法が成功の鍵となったのだと筆舌したいですね。

touching-the-void.jpg



公式サイト  http://www.unmei-zairu.com/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

人間の持つ精神力、諦めない強い気持ちが起こした奇跡に心が震え感動しました。偶然が重なるというだけでは済まされない、人間の持つ驚異的なパワーが引き出した奇跡。素晴らしい作品ですね。
【2005/08/26 21:27】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/96-9e7885b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

運命を分けたザイル

公開:2005年/イギリス/監督:ケビン・マクドナルド/出演:ジョー・シンプソ 吉日【2005/08/27 17:06】

運命を分けたザイル

本作は映画館で観たかったのですが、時間が合わずに観に行けなかった作品です。本作を観た人なら嫌でも考えるでしょう。「自分が同じ状況におかれたら」と。 これは凄い。極限状態に追いやられた中で、最後まで諦めない。なんとしても生き抜くという力強い.... ★☆★ Cinema Diary ★☆★【2005/08/30 07:19】

運命を分けたザイル 評価額・1500円(密かにオススメ映画に登録です)

●運命を分けたザイルをDVDにて鑑賞。映画館の大画面で観たかった~。 1985年 Blog・キネマ文化論【2005/09/06 09:21】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。