ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「スター・ウォーズ ファントム・メナス エピソードⅠ」
あらすじ…長い間安定を保っていた銀河共和国。辺境の星系との交易ルートへの課税問題で強大かつ貪欲な通商連合は実力でこの問題にかたをつけようと、武装艦隊によって惑星ナブーを武力封鎖してしまった。共和国議会はこの緊急時にも堂々めぐりの議論を繰り返すばかり。元老院最高議長はこの膠着状態を外交的手段で解決すべく、ひそかに、銀河の平和と正義の守護者であるジェダイの騎士クワイ・ガン(リーアム・ニーソン)とオビ=ワン(ユアン・マクレガー)を派遣した。条約調印を強要され捕らわれたナブーの女王アミダラ(ナタリー・ポートマン)を救い、元老院議員であるパルパティーン議員の助けを借りる為にコルサントへ向かう。旅の途中立ち寄ったタトウィーンで一行は少年アナキン・スカイウォーカー(ジェイク・ロイド)と出会う。

「ジェダイの復讐」から16年の時を経て1999年に公開されたエピソードⅠ。この歳月の間に撮影現場が大きく変化し躍進的な技術を得たことが画面からはっきりわかります。
1980年代でも目を見張る特撮だったであろう画面も本作で一気に質が上がりました。

まず骨組みだけのようなバトル・ドロイドに、
そして海の底のナブーの世界、グルド人など人間でない種族のリアル感、ポッド・レースの臨場感・・・
どれをとってもその特撮の素晴らしさを堪能できます。

「ファントム・メナス」はクワイ、オビ=ワンのジェダイ騎士の活躍を描く一方で、オビ=ワンとアナキン、アナキンとアミダラの出会いのエピソードです。

交易ルートや通商連合などちょっと整理しなければならない内容なのですが、その難しいことはサイトで復習するにして、アナキン坊や大活躍のポッド・レースを楽しみましょう。
このレースは「ディズニー映画」のノリで子供と一緒に盛り上がりたいところです。

ナブーの闘いで敗れたシスのダース・モールは師なのか弟子なのか・・・これが今後の作品に影響しそうですね。

20050718220256.jpg



公式サイト  http://www.starwarsjapan.com/episode-i/index.html
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

全てのはじまりの物語にしては中々良い仕上がりだと思います。幼少の頃のアナキンは可愛く、まさか後にダースベーダーになるとは思わないです。
【2005/07/19 00:38】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/75-30d7a964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。