ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「キャスティング・ディレクター」
あらすじ…ハリウッド映画界の花形キャスティング・ディレクター、エディ(ショーン・ペン)。しかし私生活ではクスリに溺れる日々で人生に嫌気をさしていた。皮肉屋でクールな同僚、ミッキー(ケビン・スペイシー)は妻子と別居中でエディの家に居候している。良き理解者でもあるミッキーが、自分の彼女と浮気をしているの も頭痛の種だ。ある日、揉め事を起こした友達のフィルを慰めるために、エディは風船使いのダンサーで娼婦のボニー(メグ・ライアン)を紹介する。だが、フィルは彼女を車から突き落として暴走。。フィルは別居中の妻とヨリを戻そうと努力するが妻に突き放されて・・。

一見華やかに見える仕事の裏にある、人生の孤独。
エディはヘロインを片時も話せないほどの薬中。それを冷ややかに見ているミッキー。
お互いの中に反発するものがあるものの、信頼関係にある二人。
友人アーチーは家出少女を手土産に置いていく軽薄さで、フィルはちょとのことで直ぐキレる。
「クスリ」と「女」そしてなんとなく気の合う仲間。

1984年デビッド・レイブが書いた戯曲”Hurlyburly"の映画化です。
舞台ではハーヴェイ・カイテル、ウィリアム・ハート、クリストファー・ウォーケン、シガニー・ウィーバーらそうそうたる顔ぶれがが出演をしており、ショーン・ペンとケビン・スペイシーもそれぞれ実際舞台で演じています。

メグ・ライアンの娼婦役など話題性は大きな作品でした。

けれど洪水のごとくに溢れる台詞の中にそれぞれの想いを汲もうと努力はしたものの観ていて正直疲れました。
2時間セリフばかりが続き、小さな出来事の組み合わせで大きな山場がありません。
キャスティング・ディレクターの仕事の裏側が見れるのかと思いきや、
仕事に絡む話は一切なし。
いったいこのタイトルは何?

キャスティング・ディレクターという華やかな仕事の裏にある本来の孤独を伝えたかったのでしょうが、別にこの職業じゃなくたっていいんじゃないかと思ってしまいました。

好きな俳優人のマッチングだけにどんな風に個性を絡ませてくれるのかとても期待したのに演技の上手さだけが上滑り。
メグの役だって特別書き立てる役じゃなし。

観終わっても残念ながらなにも伝わってきませんでした。


20050712213630.jpg

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

売春婦役のメグが、走行中の車から落とされるシーンがちょっと痛快(笑)かなり見得感!?ペン&スぺイシーの息の合った演技は見応えありだが、ふたりの味がいまひとつ深まらない点がX
【2005/07/12 21:57】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/72-6c516a45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャスティング ディレクター(CASTING DIRECTOR)

~壊れた家族,友人,恋人関係に苦悩するキャスティングディレクタ...  薬に溺れる日々に答えは隠されているのか?~ はずれました... キャストは豪華です! ショーンペン,ケビンスペイシー,メグライアン... 何か起こりそうなそんな予感がしました(^o^) しかし! は. 映画と音楽な私【2005/07/17 11:48】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。