ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「セイビング・ジェシカ・リンチ」
あらすじ…2003年3月23日、イラク南部の都市ナシリヤに向かった507整備補給中隊は、進行ルートを間違えてイラク市街地へと入ってしまう。そこでイラク人武装兵の待ち伏せ攻撃を受け激しい戦闘の末壊滅。生き残った数名も捕虜として拘束された。19歳の女性兵士ジェシカ・リンチ上等兵は深い傷を負い病院にて治療を受けながらも尋問をうけるのだった。司令部が捜捕虜の居場所を特定しかねて行方不明としている頃、イラク人弁護士のムハンマドは、病院で尋問を受けているジェシカを目撃。戦争に批判的だったムハンマドは、米司令部に通報する。米軍司令部はすぐさまジャシカ救出作戦を試みるのだった。

実話に基づく映画なので、そこにドラマチックな要素を求めてはいけないのかもしれませんが、それにしても何も無さ過ぎと思えました。捕まってから救出されるまでに、緊迫感を感じるものが無く、あっさりとジェシカを救出したように映ってしまいます。
きっと何か起こるだろう・・という期待虚しく1時間半が過ぎてしまいました。

それは捕虜になったジェシカから観たイラク戦争が描かれるわけでもなく、ムハンマドの目から観たイラク戦争が描かれるわけでもなく中途半端だからでしょう。誰かに感情移入しようにもそれぞれの立場の奥が見えてこないから戦争の問題意識さえも感じさせません。

ムハンマドとその家族にもっと焦点をあて、イラク人でありながら米軍のスパイにまでなった感情と苦悩を描きいれたなら、もう少し感じるものがあったように思います。

皮肉なことに女性米軍兵士がイラク兵捕虜を物の様に扱い、裸の捕虜を山と積んだ後ろで嬉しそうに笑う写真が公表されました。
この1人の女性兵士を救出したという美談がなんだか虚しくさえ感じてしまいます。

20050630162434.jpg

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

何でも映画する姿勢には疑問符が・・・。本人もヤラセと認めるのに、どうでしょうね?本当の美談ならヒットしてかかも?虚しい映画でしたね。
【2005/06/30 23:11】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/60-6d9e7209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。