ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ミーン・マシーン」
あらすじ…元イングランドサッカー代表チームのカリスマプレイヤーであるダニー(ヴィニー・ジョーンズ)。彼は、現役時代に国際マッチで八百長をし、サッカー界から追放され、堕落した生活を送っていた。ある日、飲酒運転と警官に暴力を振るい3年の刑でロングマーシュ刑務所へ収容される。その所長は、刑務所にある自分のサッカーチーム強化のため、ダニーにコーチをさせようとする。しかし看守長のバートンの策略で、一度は断るが、看守チーム対囚人チームの試合を提案。かくしてダニーは、殺人、強盗、恐喝、爆弾魔という、ありとあらゆる極悪非道の犯罪者チームのキャプテンとして、看守チームに挑む。

16歳でプロになったダニーはファンが自分に託す夢も忘れ、現役時代に借金のため八百長試合をします。
そして看守チームとの試合中、所長の陰謀で、「勝ったら爆破事件の共犯者として23年間の刑期にするぞ」と脅され、再び八百長試合をするか否かの岐路に立たされるのでした。
この映画の主題はこれでしょう。

結果は見えますが、わかっていても最後のダニーの選択には胸がすきます。

シリアスな様で、クセ者揃いの囚人たちがサッカーを覚えていくシーンは「頑張れベアーズ」?って思ってしまうほど笑ってしまいます。審判に見つからなければあの手この手で反則三昧。
スポーツマンシップは何処へやら。
ゴールキーパーのモンク(ジェーソン・ステーサム)たるや、次回は「ハンニバル」の続編でレクター博士役はどう?なんて思ってしまうくらいのワルぶりでいいキャラしてます。
似合うと思うんですよね、とっても。

最後、正義感に燃えて、所長に反旗をひるがえしたダニー。
かっこよく決めていたけど、これが実際だったらやっぱり所長の権力には抗えず、23年のあらぬ刑期を背負わされてしまってるでしょうね。あのままで済むわけがないなんて思ってしまうのは意地悪でしょうか。

舞台設定の割には爽やかに観れるスポーツ映画です。

20050627214743.jpg



公式サイト  http://www.uipjapan.com/meanmachine/intro/index.htm
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

中々渋いの見ましたね。スパイ映画を彷彿せるオープニングはカッコよかったですね(笑)いつもちょい役の俳優さんの本気の演技は見てスッとしました。(オチが分かっていても)
【2005/06/27 21:56】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/59-29ea6a0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。