ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「21g」
あらすじ…優しい夫と2人の娘に囲まれ、幸せな生活を送るクリスティーナ(ナオミ・ワッツ)。妻と心臓移植の順番を待つポール(ショーン・ペン)。前科を持ちながらも神を信じて家族とまっすぐに生きようとするジャック(べ二チオ・デル・トロ)。この3組の家族が、ジャックが引き起こした交通事故で運命の出会いをする。

ジャックは自分の誕生パーティーの日クリスティーナの夫と2人の娘を車ではね死亡させてしまう。。病院に運ばれた彼女の夫の心臓はポールに移植される。
時が流れ、元気を取り戻したポールは、ドナーが誰だったかを突き止め、その妻であるクリスティーナの姿を見守る。クリスティーナに惹かれていくポール。そしてクリスティーナもポールの優しさに心惹かれていくのだった。その頃、警察に出頭していたジャックは証拠不十分で釈放されていた。そのことを知ったクリスティーナはポールに懇願する。“お願い。犯人を殺して”と……。


表題の妙と言うか、ストーリーとタイトルを重ね合わせて初めて監督が語りたかったことが見えてきます。

<21グラム>人が死ぬ時に誰しもその分体重が減るのだそうです。魂の分だと言う人もいます。
なぜこの作品のポイントである「心臓の重さ」でなくこの21グラムだったのか。
<生命を断つ時に失われるその軽さの中になんと重い人生が詰め込まれているのだろうか>そう言いたかったのでしょうか。そして、<全ての人の中には背負っている重い人生があるけれど、解放されようとも21グラムしか軽くなることは出来ない>・・そんなことも言いたかったのではないかと思います。

加害者と被害者の妻、被害者の心臓を移植された男。3人がそれぞれの違う苦しみを抱え、それでも「人生は続くのだ」と悟った時の3人の絶望感が、悶絶するように迫ってきます。

被害者側の一方的な悲哀を綴ったのではなく、加害者としての苦しみも綿密に描かれ、3人の誰かに感情移入するのではなく、審判を下すのでもなく、3人の人生を傍観するからこそ深く重い。
そんな作品です。

前半断片的展開で途中戸惑いもありますが、ラストまで観た時にみごとに一本の線になる・・撮影手法が作り出したサスペンスが絶妙です。

21g.jpg



公式サイト  http://www.21grams.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

21gの中にあるほんとの重さを悟らされる作品だと思います。三者三様の因果関係を巧みな映像で見る者に訴える。今一度、命の重さを考えらされた秀作です。
【2005/06/11 02:07】 URL | メメント #- [ 編集]

21g その重さを考えますよね
ども、、aiさんの 記事探索の旅させていただいています(^^)
この作品、コブタは映画館でみて感動を通り越して衝撃を受けてしまいました。
それぞれが善人であるだけに 切ないんですよね、、
記事に書かれているように 三者の時間がめまぐるしく断片的に表現されて、戸惑うところもあるのですが、最後まで一気に魅入ってしまいますよね!!
【2006/07/08 23:45】 URL | コブタです #- [ 編集]

探索ありがとうございます♪
こんなに読んで下さって感謝、感謝です!(*^_^*)1人よがりなコメントが多いと思うのですがご勘弁ください。
断片的な表現も見せ方が上手いので、最後まで集中して見れますよね。ラストにピタっとまとまるあたり上手いです。
テーマが重く、ズシンと響きました。
感動よりも衝撃・・本当にそんな表現がぴったりですね。
【2006/07/10 21:51】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/51-da30c782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

怖いんですけど・・・ 色鉛筆絵:ナオミ・ワッツ

↑Click Enlargeう~~ん・・・別に今日リングやってたなんて知らなくて、この特徴のないナオミ・ワッツを描いていたら、そーいえば、今日”リング”やるんだよなぁ~~ってオットと娘が話していて、二人揃ってホラー好きなので見ていたんだけど、私はホラーが苦手で絵描き アナログで人物絵【2005/06/19 00:31】

21gみました!なまらいい

前々から興味を持っていた映画『21g』ついに見ました。見よう見ようと考えていたのですが、何かテーマが重そうで暗い気分になりやしないか不安で、無意識に避けていました。 35歳から英語勉強して良いかな?【2005/09/23 21:07】

●21g

「25時」「28日後」と一昨日からの流れにのって 今日は「21g」のご紹介をします。交通事故の加害者男性と 被害者の妻と そしてその被害者の心臓を移植して命が助かる男性の3者が織り成す人間ドラマ、、その描か コブタの視線【2006/07/08 23:35】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。