ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「殺人の追憶」
あらすじ…1986年、ソウル南部の農村で手足を縛られた若い女性の無惨な変死体が発見され、また数日後にも同様の手口で2人目の犠牲者が出た。地元の刑事パク(ソン・ガンホ)ら捜査班が出動。ソウル市警から派遣されたソ刑事(キム・サンギョン)も加わり懸命な捜査が続けられるがあざ笑うように連続殺人は続く。焦る捜査班の誤認逮捕が度重なり、捜査も行き詰まってしまう。そんな中、ついに一人の有力な容疑者が浮上してくる。犯人だと確信するも決定的証拠が無く、唯一残されたわずかな精液のDNA鑑定に全てをかけるのだった。

<1986~1991の6年間にある農村で10人の女性が惨殺された。3000人の容疑者が取調べを受け、動員された警官の数は30万人>
実際に起きた未解決事件を元に作られたサスペンスです。

事件の手口は残忍であり、その事件性が注目される所なのですが、一番迫ってくるのは翻弄される刑事達の焦りの感情の変化でした。
体当たり的な地元刑事パクと優秀な頭脳型の都市型刑事ソ。
前半は無鉄砲なパクを冷ややかに押さえ、冷静な判断を見せ付けるソなのですが、後半ソが徐々に追い詰められて冷静さを欠いて来ます。「自白するまで半殺しにしてやる」・・・と。そして徐々に彼の中の張り詰めていたものが壊れていくのです。

この作品の完成度を思う時、この刑事達のリアルな感情表現が全てだと思えてきます。切羽詰った生身の人間のもろさを浮き彫りにしています。

韓国映画に、こんな傑作サスペンスがあったとは。
恋愛系「韓流ブーム」の陰に、ちゃんと地に足のついた作品があるのですね。

20050610173449.jpg




公式サイト  http://www.cqn.co.jp/mom/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

お~早速見てくれましたね。あいさんに喜んでもらいて嬉しいです。DNA鑑定で、容疑者がシロと分かった時の2人の刑事のやるせなさが印象深いです。本当の事件も未解決なのが、一層映画全体の深みを増して良い作品に仕上がってると思います。
【2005/06/10 18:09】 URL | メメント #- [ 編集]


この作品、ミステリーというより その時代の韓国の動乱ぶりを見事に描かれていましたよね!
また主役二人の演技が凄かったです。

韓国映画って、いろんな意味でパワーありますよね!
【2006/07/08 23:32】 URL | コブタです #- [ 編集]

人物表現が上手かったです
確かに社会的な背景も色濃かったですね。
主役の2人の性格表現がとてもうまくされていて(それは役者さんの力による所も大きいですが)
だからすごく入り込める作品でしたね。
ソ刑事が段々と精神的に追い詰められていく様は引き込まれました。
この作品を観て韓国映画の良さを見直したくらいです。
気に入った作品です。
【2006/07/10 21:43】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/50-5d675283
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。