ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ユージュアル・サスペクツ」
あらすじ…ある夜、カリフォルニアのサン・ペドロ埠頭で船が大爆発。コカイン取引現場からブツを奪おうとした一味と組織の争いが原因らしい。27人が死亡、9100万ドルが消えた。生き残ったのは2人。しかも1人は重傷で、関税特別捜査官のクイヤン(チャズ・パルミンテリ)はただ1人無傷で生き残った男、ロジャー・“ヴァーバル"・キント(ケヴィン・スペイシー)を尋問する。
6週間前に遡り、襲撃強盗の容疑で逮捕された5人が釈放された後結束。伝説的なギャング、カイザー・ソゼの右腕と名乗る謎の英国人コバヤシからソゼの商売敵であるアルゼンチン・ギャングの大量のコカイン取引を船と積み荷を破壊して阻止せよと言われる。ソゼに借りのある5人は命と9100万ドルを代価として仕事を引き受けるのだった。


とてもストーリーの要約が難しいです。
最後のサン・ペドロ埠頭事件までの過程が「偶発的展開」のようにしか思えないのに、全てが緻密に計算しつくされた計画だったのだと知り、真の首謀者が誰なのかとわかったとき「してやられた!」と思う、脱力感とも解放感とも言える感覚が圧巻です。
10年前の作品とは思えないような新鮮なストーリーです。

ガブリエル・バーン、ベニチオ・デル・トロ、ケビン・スペイシーと異色な顔合わせで、それだけでも興味を引きます。
特にケビン・スペイシーの抑えた演技は目を引き、彼らしい抑えた演技が何とも光っています。

ギャング同士の駆け引きに個々の人間の駆け引きが絡む・・・パズルピースを埋めて出来上がった完成品をじっくり堪能したい作品です。

20050605143233.jpg

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

やっと観ましたか!セリフひとつひとつに隠された意味を理解して、やっと辿り着いたラストは唸り声を上げるほど完成度は高く、見た後の内容の整理は大変でした。サスペンス映画の革命的作品としてオススメしたいです。
【2005/06/05 15:21】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/47-56592c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユージュアル・サスペクツ

 大好きな映画のひとつである、この作品。観る前に何の情報も知らなかったので、半分位観るまでは特に何も思わなかった。最後まで観ないと話が繋がらないし、この作品がどういう物なのか解らないのだ。 この作品の特徴といえば何と言ってもシナリオである。非常に複雑. つまらないブログ【2005/06/10 16:38】

ユージュアル・サスペクツ

1995年 アメリカ 【出演】+ガブリエル・バーン+ケビン・スペイシー+スティーブン・ボールドウィン+ピート・ポスルスウェイト+ケヴィン・ポラック+ベニチオ・デル・トロ+チャズ・パルミンテリ【あらすじ】船舶の炎上事故を調べていた捜 シネマ~ニャ。【2005/11/13 22:35】

DVD「ユージュアル・サスペクツ」視聴

色々なサイトのサスペンス系の映画レビューで『大傑作』と絶賛されていることが多い CHONのアポヤンド的日々【2005/11/18 17:33】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。