ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「CSI科学捜査班」
全米で2番目の規模を誇る科学捜査機関という設定であるラスベガス市警 犯罪課 犯罪現場捜査研究所 科学捜査班。
彼らは、昆虫学、血痕、毛根・繊維、要素・元素、オーディオ・ビジュアル分析をそれぞれ専門とするプロフェッショナルたちだ。事件が起きる度に現場へ急行。殺人課のジム・ブラス警部に協力したり対立しながら、最新の科学捜査技術から昔ながらの捜査方法を用い、そこに残されたほんのわずかな証拠を探り出して犯人や被害者の割り出しに励むのだった。


海外ドラマです。
死体の皮膚、指紋、音声、土・・・殺人現場に残された微かな手がかりを探し出し確実な証拠として殺人の真相に迫っていく過程が面白いです。
推理物とは全く違い、先の展開が全く見えません。
犯人を推察してみたりもするのだけど、そこには意外な事実が隠されていて、物的証拠が語る「殺人」にはどんでん返しを狙ったよくある「ありえない事実」ストーリーは存在しません。
だから毎回すっきりした気分で観終われるのがいいです。

時には死体から湧いていた「ウジ虫」を解剖して初めて事件の核心に迫ったりもするし、科学捜査とは・・を存分に楽しめる展開です。
しかも一話の中に一つの事件ではなく、二つの事件があったり、三つの事件があったり。
それらが交わって一つの事件になるわけではないので、観ていて混乱は起きないし、間延びがなくテンポが早いです。

ビデオ・DVDはシーズン2までがリリースされていますが、有料放送ではシーズン4が放送されているようですね。
そうしてみるといかに多くの事件捜査があるかわかります。
まだ6話までしか観ていませんが(シーズン1は23話)、どんどん先が観たくなります。
「トゥルーコーリング」に続いてこちらもまたハマりましたね。


20050530225631.jpg



公式サイト  http://www.watch-csi.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

このシリーズはほんとハマリますね。なんと言っても全米では視聴率の1、2、3位を「CSI:科学捜査班」「CSI:マイアミ」「CSI:N・Y」で独占してますから。「24」シリーズより断然こちらをオススメします。なんと言っても、その卓越した脚本と出演者たちの魅力に尽きると思います。複数の事件が同時に進行して、見る者を飽きさせない演出と一見地味な捜査の先に見える事件の真相に関心させられるとこが最高にいいですね。
【2005/06/04 23:13】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/44-3b405306
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。