ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「トゥルー・コーリング」vol.1~vol.2
あらすじ…vol.1■第1話「ストレンジ・デイ」
幼い頃に目の前で母を殺されトラウマを抱えたトゥルー(エリザ・ドゥシュク)。
モルグ(死体安置所)で働くことになった深夜勤の初日。アパートで発見された若い女性レベッカの死体に「助けて」請われる声を聞く。その途端、時は溯り、当日の朝に逆戻り。同じ日を再びやり直す、という初体験にとまどいながらも、レベッカを救うために走り出す。

■第2話「天職」

非番の日、火事に出くわし、少年を命懸けで救出したために不慮の死を迎えた消防士のニック。そのニックに助けを求められたトゥルーは、消防署に生前のニックを訪ねる。建築学の課題で戦前の建物を調べる手助けをしてほしい、と彼に頼みこみ、2人は問題の現場へ。ガス洩れを処理し火事を食い止めたかに見えたが・・・。

vol.2■第3話「弟」

弟ハリソンが逮捕された。交際女性、サラの前夫を銃で撃って殺してしまった。その“死体の”前夫アンドリューに助けを求められ前日に戻ったトゥルーはハリソンの殺人を止めるためにアンドリューの元に走るが、サラとアンドリューの言い分が正反対な事に戸惑う。

■第4話「バチェラー・パーティー」

顔も見てない、身元もわからない、シーツに覆われた5人の遺体から一斉に救いを求められたトゥルー。彼らを助ける為その遺品にあったストリップ店のカードを頼りにカードの裏に書かれた女性の元へ。今夜ホテルで“独身さよならパーティ”があることを突き止める。パーティーに潜入したが5人の被害者のはずが6人いることで動揺する。



海外ドラマです。「24」を手がけたFOXの製作と聞いただけで触手が動いたのですが、その期待を裏ぎらない内容でした。

「死体から助けを求められた途端前日の朝に舞い戻り、そこから被害者を死に至らしめるポイントを解除していく」タイムトラベルものです。
ただし、通例『過去を変えたら現在が変わってしまうからタブ-』なのだけれど、これは完全に未来を変えてしまう。
死んでしまう筈の人を生存に変え、起きる筈の事件の真相を変えてしまうという異色ストーリーです。
そんなつじつまが合わない・・などと野暮なことは言わずに、もう一つのこのドラマの醍醐味である「事の真相の謎解き」を楽しみましょう。

トゥルーは自由に過去に戻れるわけではなく、死体に助けを請われて(声を聞いて)初めて前日へと戻るという制約があります。
そしてトゥルー自身にも真実はわからず、探偵でもない彼女が手がかりを手繰って行くことで真実に辿り着き「死」を食い止めるのです。
そこにはちょっとしたどんでん返しが仕組まれていて、事の結末からは予想できない「事実」が潜んでいます。

ヒロインのトゥルーは魅力的だし(ちょっとセクシー過ぎかな)「24」とは又違う緊迫感のある時間の流れに引き込まれました。最後まで観ます!
ここまではすごく面白かったので、今後ダレないことに期待します。
母親の死の謎にも展開があるでしょうし。
1話完結で観やすい事もグッドです。

trucalling.jpg




公式サイト  http://www.foxjapan.com/dvd-video/tv/trucalling/season1/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/41-1044ddd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。