ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「父、帰る」
あらすじ…ロシアの片田舎で母と暮らす2人の兄弟、アンドレイ(ウラジミール・ガーリン)とイワン(イワン・ドブロヌラヴォフ)の元に12年前に家を出て行ったきり音信不通だった父(コンスタンチン・ラヴロネンコが帰ってくる。兄弟は写真でしか父の顔を知らなかった。寡黙な父はこれまでのことを何も語ろうとはせず、母も事情を説明しようとはしない。兄弟の戸惑いをよそに、翌朝父は彼らを小旅行に連れ出す。道中、父は子どもたちに対し高圧的に振る舞う。そんな理不尽な接し方にも、父に従順な兄に対し、弟のほうは徐々に反抗心を募らせていくのだった…。

ロシア映画だし、この映画に対して興味を持ってもいなかったのにDVDを手に取ったのはパッケージの写真(下の写真)の子供の鋭い眼差しが目に焼きついたからです。
2003年ヴェネチア国際映画祭で最高峰の金獅子賞を獲得している事、そしてあらすじを読んで「観たい」と思いました。

父は帰ってきた理由も、今まで何をしていたのかも言わない・・
兄アンドレイは高慢な父の態度に戸惑いながらも帰ってきた父を受け入れようとします。
弟イワンは受け入れらずに反抗的な態度があらわに出て・・そして強要されて言わされる「パパ」と言う言葉が苦痛で仕方ないのです。
同じ立場でありながら全く対比的な二人の感情。私はどちらにも共感できます。それくらい複雑なそれぞれの想いが伝わってきます。

イワンがラスト近くに「パパ!」と叫ぶシーンがあります。
それは強要されたのでもない、自分の中から出てきた本当に父を求めた「パパ」だったのでしょう。胸を打つシーンです。

子供達の演技は演技を通りこして役になりきっています。特にイワン役ドブロヌラヴォフの鋭い眼差しは印象的です。

観ている間は地味な印象を受ける映画なのですが観終わった後にどんどん胸に迫ってくる素晴らしい作品だと思います。

20050425155142.jpg



公式サイト  http://www.chichi-kaeru.com/

公式サイトへはリンクからどうぞ
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

はじめまして
TBさせていただきました。

『父、帰る』
地味だけど 色々と印象に残る映画でした。

兄役のウラジーミル・ガーリン は 残念な事になってしまいましたね。
【2005/04/25 22:45】 URL | blue shalom #xsUmrm7U [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/33-2ab43aaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第10回 ③ 『父、帰る』

『父、帰る』{/kaeru_fine/}{/arrow_r/}{/hiyoko_cloud/} 監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ出演者:イワン・ドブロヌラヴォフ      ウラジーミル・ガーリン      コンスタンチン・ラヴロネンコロシアの片田舎が この映画の舞台です。  アンドレイとイワン これって どうでしょう?【2005/04/25 22:37】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。