ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「シークレット・ウィンドウ」
あらすじ…ヒット作もあり名前の通った作家であるモート(ジョニー・デップ)は妻エイミ-と協議離婚中。湖畔で一人執筆活動をしていた。そんな彼の元にシューター(ジョン・タートゥーロ)と名乗る見知らぬ男が現れるれ「俺の小説を盗作した」と詰め寄る。全く身に覚えの無いモートは取り合わない。だが、シューターが残した小説の原稿を読んでみると、それはモートが以前発表した短編小説“シークレットウィンドウ”と一言一句同じものだった。シューターは「ラストを書きなおしてもう一度発表しろ」と詰寄る。

スティーブン・キング原作の映画化です。キング作品の映画化はたくさんされているけれど「読者に想像を掻き立てさせ怖がらせる」小説が多いので、ホラー映画として観たときにはがっかりしてしまう事が多いです。けれど「ミザリー」のように心理的怖さを映画化した時は成功しているので、今回もその点に期待して観ました。

(以下ネタバレあり)

ある一つの証言から真相には感づきました。けれど、ラストに行くにしたがって尻つぼみになりガッカリするパターンが多い中で、この作品はここからがいいです。
決して犯人が捕まりめでたしめでたしじゃ無いのにスッキリします。もしエイミーの恋人が助けに入っていたら、作品の価値はガクンと落ちてしまったでしょう・・・
と言うよりも助けが入ったらこの映画の根本が成立しなくなるのであり得ないわけです。
大抵は殺されそうになるヒロインの目線になるのだけれど、真実を知った後でも自分が犯人側の視点で物事を捉えていることがわかった時の面白さは今までと違う「味」がしました。

例えばモートが時折見せる口を大きく開けたりする仕草が顎の調子が悪かったのだとか、元妻エイミーが目にしたモートの家の中がメチャクチャだったのは急にそうなったわけじゃなく、ずっと前からメチャクチャでモートの目線にはそう映っていなかった・・とかDVDの特典映像を観ないと気付かない事も。
「なるほど」と紐解く楽しみがあったのでこの特典映像を観る事をお勧めします。

シューターは何をモートに「書きなおせ」と言いたかったのか・・この言葉がキーポイントです。


s_window.jpg



公式サイトhttp://www.sonypictures.jp/movies/secretwindow/site/contents.html

公式サイトへはリンクからどうぞ
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/30-5757396c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。