ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「REST STOP デッドアヘッド」
ニコールは恋人のジェシーと共に駆け落ちし、テキサスからハリウッドを目指して車での旅に出た。
途中、カリフォルニアの片田舎にあるハイウエイの休憩所(レストストップ)に立ち寄りニコールがお手洗いから戻ってみると、恋人のジェシーが車ごと忽然と姿を消していた。

人里離れた休憩所に置き去りにされて途方に暮れる二コール。次の休憩所まで100キロ近くあり到底そこから離れる事も出来ない。突然現れた「KZL 303」というナンバープレートを付けた黄色いトラックに乗った男に命を狙われる。その「KZL 303」がトイレの中に走り書きされたナンバーと同じだと気付くのだが・・・。


reststop.jpg


スプラッターホラーだと思ったら、目をぶるような残虐シーンは少ないです。ホラーを見慣れてる人にはさほどの恐怖ではないでしょう。警官が足を何度も轢かれちゃうのは痛そうなんだけど。

つい今さっきまで対話していた人物が忽然と消えたのはなぜ?
どうやら掲示板にリストアップされている行方不明者なんだけど、
どうして二コールの前に現れたのでしょう。
1度ならず2度までもなんて、二コールの気が触れたせいかとも考えましたが・・。なにか意味ありげなのにネタ晴らしは無し。

バスで旅をしている不可解なフリークス一家。
何か黄色の車の人物と関係あるかとも考えたけど、あの一家は普通にカルトっぽいだけのようです。殺人鬼となにも関係ないみたい。

とにかく謎が多い作品で、正直、観終わった後もすっきりしません。
なぜニコールを執拗に追いかけてくるのかという理由付けもわからないまま。次から次へと旅行者達を襲った理由も何も説明されていないので、大した理由付けもいらないのかもしれませんが、それが単純な変質者という設定であったとしても犯人の人物像が全然見えて来ないのはダメです。

エンドの仕方も無理矢理って感じがしました。
流れができていなくて、びっくり仰天!のシーンから次のシーンは元気に家に帰ってくるシーンなんですもの。
そしてまたバッドエンドだからわけがわかりません。

この前のレビューで書きましたが、理由付けがしっかりしていないと、
残虐シーンを見せて「さあ、怖いぞ!」って言われても、
スプラッターの視覚的なものだけで、リアルな怖さを感じません。
不必要な要素が多かったですね。

rest_stop.jpg

トップはブラだけで逃げ回ったジェイミー・アレクサンダーはよく頑張りました。
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

映画の中身は最初は「激突」系のストーカーサスペンスかと思いきや、途中から拷問系の要素を入り、また、謎な展開に入るので「この謎をどう回収するの?」と意外と期待して観ていると、結局謎のまま終わる当たりB級って感じっですが、この程度ならまずまず観れる範囲ですね。
【2007/09/04 16:10】 URL | ニ純 #- [ 編集]


ちょっとマニアックな作品で、それを良しとするかどうかで感想が分かれるかもしれません。

謎の部分が面白く、どうネタ晴らしするのか興味津々だったのに、放置状態で「なにも無しかよ!」って(笑)
あれをうまく料理して欲しかったのに。
【2007/10/27 15:06】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/298-c76c5ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。