ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「アーサーとミニモイの不思議の国」
大好きな「TAXI」シリーズの監督、リュック・ベッソンがファンタジー映画?ってちょっとびっくり。
でも「3Dアニメと実写の融合」なんてなにかあるなって期待を持たせてくれる・・そんな印象で鑑賞しました。

アーサー少年は祖母と二人暮らし。両親と住む家から遠く離れた寄宿学校に通っている為、近い祖母の家に住んでいるのだ。
その家があと2日で人手にわたるという大ピンチに。
祖母が言うには祖父が以前庭に宝石を埋めたというのだが・・・。
アーサーは祖父の残した宝を探しに体長2ミリのミニモイ族が住むミクロワールド“ミニモイ王国”へと冒険に向かう。


20070813151601.jpg


今回「吹き替え版」と「字幕版」、両方の試写会に行く機会に恵まれました。マドンナやデヴィット・ボウイ、ロバート・デニーロの声優ぶりも気になっていたし、吹き替え版の声優陣も気になっていたので、いち早く比べられたのはラッキーでした。

派手な作品の多い監督が自ら脚本を手がけたファンタジーです。
地下のミニモイ族の世界に落ちた途端に3Dアニメになるのですが、その変身場面はすっきりと区切られていてうまい表現です。
リュック・ベッソンらしくしっかり「車」がこの作品のひとつのキーワードにもなってるのは意図したところでしょうか?
ストーリーは単純でも仕掛けがあって、地上と地下のミニモイ族との関連がちゃんとある、それが見ていて面白く冒険心溢れる温かな作品に仕上がってます。

ミニモイ族に変身したアーサーはちょっと可愛くないのだけど(^_^;)他のキャラは結構ハマッていて可愛いです。
実写と3Dアニメの融合も違和感なくとても綺麗な映像になっていました。
とても精巧な3Dキャラは口の動きさえとても滑らか。
ホント、アーサーのキャラだけが残念で(^_^;)・・・

吹き替え版では特典?でタカ&トシのお決まりネタが聞けます(笑)
えなりかずきはあまりに役キャラにハマっていて上手かった~。大抵有名人がやると「あ~あの人」って顔が浮かぶのに、あんなに特徴のある人なのにあたしは顔を思い浮かべませんでしたよ。それってすごい。彼の新境地かも。
ガクトもさすが最近演劇にも顔を出すようになって、声優も上手でした。彼にふさわしい「闇の魔王」っていうのもイケテます。
ハイモア君役の吹き替え神木龍之介くんは10歳の声にはやっぱりちょっと大人びてしまっていました。

同じ「大人びた」と言う理由でマドンナにセレニアはちょっときびしかたです。ハイモア君とのギャップを感じてしまいました。

声優陣を比べると全体的には「吹き替え版」の方が役に合っていて個性が出ていました。
マドンナより戸田恵理香の方が良かったし、ガクトの重い迫力、何より個性的なベタメッシュのえなりくんが一押しですね。

面白く観れたのだけれど冒険部分が少なく感じました。もうちょっと冒険要素が欲しかったです。

字幕版を観る方にひとつ情報を。
ベタッメッシュが放つ白いふわふわしたカップルの飛ぶ生き物、片時も離れられない強い愛で結ばれている2匹なんですけど、この名前は「ロミオ」と「ジュリエット」です(^_^)字幕版ではこの名前は言っていませんでしたので。

              (試写会鑑賞 吹き替え版19・08・12 字幕版 19・08・16)




スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

字幕版派ですが、本作の吹き替え版は楽しいそうですね。しかし字幕と吹き替えの台詞が変に違うと内容自体おかしくなるパターンがあるので気を付けないといけませんね。
【2007/08/23 10:56】 URL | 二純 #- [ 編集]

二純さんへ
今回はたまたま比べられる機会に恵まれたので良かったです。そうじゃなかったら最初から字幕しか見ていなかったと思いますから。
この作品は比べて見ると面白いですよ。

台詞回しが全然違うと言う事はないのですが、口と合わせるためなのか微妙に違っていますね。
電気を止められるシーンがあるのですが、ここのオチの言葉も吹き替え版の方がセンスはいいです。


【2007/08/27 22:16】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/295-796602e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。