ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「モンスターハウス」
スピルバーグとロバート・ゼメキスの二大監督が製作総指揮を勤めているとなるとそれだけで観たくなる作品ですよね。
ただのオカルトアニメじゃなさそうな予感を感じさせます。

道路を挟んだ真向かいの古びたいかにも「出そう」な家。
そこの主人ネバークラッカーさんは芝生に入っただけで激怒する。
DJは友人チャウダーが入れてしまったボールを取りに入り、ネバークラッカーにみつかってしまう。
DJに掴みかかったネバークラッカーが倒れて救急車で運ばれてしまうのだが、誰も居ないはずのその家に奇怪な現象が起こる。
翌朝モンスターハウスに呑み込まれてしまいそうだった少女ジェニーを救出。
ついに3人はそのモンスターハウス内に入って行くことに・・・


20070205145525.jpg


モーション・キャプチャーCGにより製作されているアニメーション。
モーション・キャプチャーとは、実際に人間がその演技をして、その身体に取り付けた回路を通じて動きをコンピューターに取り込みアニメーションに直したコンピューターグラフィックです。
ですから指の動き、顔の筋肉の動きに至るまでその動作はとても滑らかで、アニメである事を忘れそうなほどリアルな表情を見せてくれます。

近寄るものを寄せ付けない家の主人。
その恐ろしい形相で、主人こそモンスターかと見紛うばかりなのですが、実際は家そのものが怪物なんですよね。
『家の中に何かがいる』のではなくて『家そのものが怪物』なわけです。
ハロウィンの日、夜になったら子供達がたくさん訪ねるだろう・・そうするとその子供達はみんな呑み込まれてしまう!
DJ、チャウダー、ジェニーがその家に挑んで行くアドベンチャーなのですが、モンスターハウスの真相がとても切ないのです。
そこが大人をも「観て良かった」と思わせるんですよね。
ジワ~っと心が温かくなる真相なんです。

決してかわいいキャラ達ではないんだけど、作品にしっかり溶け込んでいるのは評価できる点です。
親が居ない間にちょっといけないことをしてみたい・・そんな子供の頃誰もが持つ好奇心を根底にしてるから、大人でさえも一緒にモンスターハウスに挑んでいくような一体感があるのでしょう。
1時間半の中に笑いあり、スリルあり、サスペンスあり、その上感動ありで上質な作品。親子で満足できます。
色調が暗い為ホラーチックで、怖がりな小さなお子さんには不向きかもしれませんが、あまり気後れせずに親子で楽しんで欲しいです。
ドキドキ、ハラハラを親子で共有するっていいじゃないですか!

スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/280-af5c70fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジェニージェニーはタカラ (玩具)|タカラから発売されている着せ替え人形。1982年、日本でのバービーの販売不振から、日本人好みのバービーの製造を迫られたアメリカ合衆国|米マテル社とタカラとの共同で作られた『タカラバービー』が元でとなっている。1986年、マテル社と キャラボン!【2007/10/01 10:13】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。