ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「トリック 劇場版2」
仲間由紀恵と阿部寛のコンビでまたも帰ってきたトリック。
ふる~いギャグ満載のユル~イ作品。

関東の沖合に浮かぶ筐神(はこがみ)島。
島を支配する霊能力者・筐神佐和子は島民の目の前で巨石を山頂まで上げその霊能力を見せつけた人物だった。
ある日、物理学者・上田次郎のもとに、『10年前に筐神佐和子に拉致された幼なじみを連れ戻してほしい』と一人の青年がやってくる。
上田はまたしても奈緒子に声をかけ、2人で筐神島へとむかうことに・・・

20070126134204.jpg


お笑いコンビ「ゆーとぴあ」のキメ台詞「よろしくね♪」。
懐かしい(^_^;)
「とっとこ消えうせな!」「ハム太郎か!」なんていう古いギャグが散りばめられて思わず口元が緩みっぱなし。
テレビ版の持ち味をそのまま映画にもってきていて、安心して「笑うぞ!」って態勢になれるのがこの作品の魅力なんだと思います。

人気まるで無しのダメダメマジシャンの奈緒子が
霊能力者の裏のトリックを気持ち良く見破り、その種明かしをしてくれるのも楽しみのひとつ。

ただ、学者とマジシャンのコンビ、犯人像が概ね決まってしまうのが難点。
前作劇場版作品の悪人とダブルところがありました。

「トリック」らしく面白くて笑えた・・・・
この作品はそういう見方だけでいいんじゃないかなって気がします。
悪いところを指摘するほど真剣に鑑賞する必要もないし。

脱力系のコメディ作品、奈緒子と上田のキャラを楽しむ、それだけでいいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/276-55009fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。