ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「2006 ai~ず大賞」
いよいよ年末。今年も1年間で鑑賞した映画を振り返って
今年も自分なりのベストを決めたいと思います。
観た作品は123本(ドラマは除く)
ちなみに今年封切りされたものだけではなく、旧作DVDを含めあくまでもaiが今年鑑賞した作品という形式をとっています。
ご了承ください。

大賞 「クラッシュ」

2月に公開された作品。人間の誰もが持っている「善」と「悪」を人と人の運命的な繋がりを持って描かれた手法が鮮烈で脚本が素晴らしい!人種差別主義の警官のエピソードは印象に深くのこりました。
MY感想レビュー20060302215103.jpg


次点 「父親たちの星条旗」

「硫黄島から手紙」


 クリント・イーストウッド監督の手腕が光る作品。
 一つの戦争をアメリカの立場、日本の立場と両面から描いたのが秀逸。特に「硫黄島からの手紙」は邦画と思わせるほど当時の日本気質を描いており、二ノ宮一也の演技も含めて素晴らしかったです。両作品を観て初めてひとつの作品だと言う事に気付きます。

20061027141759.jpg

20061210212009.jpg


作品賞
 
「ステイ」「ユナイテッド93」「ホテル・ルワン
ダ」
 

今年の映画作品の傾向として史実に基づき製作されたものが多かったように思います。
 9・11事件の知られざるエピソードを描いた「ユナイテッド93」は、有名俳優を敢えて起用せずそのリアリティを追究。ハンディカメラで撮ったようなカメラアングルが乗客たちの死との恐怖と勇気の姿を克明に捕らえ切実に迫って来ます。
 「ホテル・ルワンダ」は年明け早々に公開されましたが、1年経つ今でも鮮明に心に残っています。ルワンダ大虐殺の史実として観るにしても、それに立ち向かった1人のホテルマンのドラマとして観るにしても平和な日本の裏側でこんな世界があったのだと胸が痛みます。
 その中で「ステイ」は観てる時は謎だらけのスリラータッチのサスペンスというストーリーそのもので見せるオリジナル作品。最後に明かされる真実で全てがわかり胸が熱くなる・・こういう手法が好きなこともあり印象に残りました。

stay.jpg

20060120162946.jpg

20060913222226.jpg


ベスト視覚賞「トゥモロー・ワールド」

後半の長回し、カメラワーク・・特にカメラレンズに血が飛び散り、そのまま撮影されたドキュメンタリー的な撮影法は圧巻でした。

20061201152028.jpg


海外ドラマ賞 「プリズン・ブレイク」

無実の罪で死刑になろうとしている兄を脱獄させる為に自らも刑務所に入る弟。全身に描いたタトゥーが刑務所内の設計図。
緻密な計画に想定外の事件がからみ夢中になりました。
海外ドラマ次点は「デスパレードな妻たち」。まだ最後まで見終えて無いので次点です。

20060507140043.jpg


ベストホラー賞 「サイレント・ヒル」

 人気ゲームの映画化ですが世界観をうまく踏襲していました。
 怖がらせるホラーと違い、ドラマ設定もきちんとしてるので「面白い」と思えました。ゴシックな色調が印象的。

20060716090040.jpg


文芸賞 「レオポルド・ブルームへの手紙」

生まれてきた事が罪と思っている少年と囚人の手紙のやり取りで綴る作品です。ラストに明かされる真実があまりに切ないです。
文学小説を読んだ後のような余韻に浸りました。

20060314205835.jpg


ベスト主演男優賞 
「海を飛ぶ夢」-“バビエル・バルデム"


尊厳死をテーマにした作品。重くなり過ぎる事なく美しいまでに仕上げた作品自体も素晴らしいですが、実年齢より20歳以上の難役を静かに演じたバビエル・バルダムは若手ながらにして既に名優だなぁと心に感じ入りました。

20060515223841.jpg


特別賞 「人形劇 ギルド」

BUMP OF CHICKENの「ギルド」の曲をモチーフにしたストップモーションアニメーションです。音楽ジャンルではあるもののわずか20分の中に凝縮された親の愛がひとつのきちんとした作品として映画になっていると感じました。今年一番号泣した作品だったかもしれません。
ベスト感涙賞にしたいところなのですが、音楽ジャンルで発売されていることもあり特別賞にしました。

20061001114103.jpg


今年1年遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。
来年もみなさんがいい映画と出会えますように!
来年もよろしくおねがいします
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
おめでとうございます
あけまして おめでとうございます

トモローワールドのカメラワークは本当に凄かったですね
どうやって撮ったとか知りたいほどでした

今年もよろしくお願いいたします
【2007/01/03 10:03】 URL | yuu #pPot321I [ 編集]

yuuさん
来訪ありがとうございます♪
観ている作品の少なさと、DVDの混在で
「ベスト」を選ぶなんておこがましい所なんですがお許しください。

今年もyuuさんのラインナップはいっぱい参考にさせていただきます!
今年もよろしくお願いします♪
【2007/01/06 09:59】 URL | ai #- [ 編集]

おおお こういう結果ですか^^
aiさんは クラッシュが大賞なんですね!

コブタもかなり悩みました!
昨年は 春になる前にどどどどと 凄い映画にいっぱい出会えたこともあり、そういう意味では幸せな一年でしたよね!(^^)
今年は どんな作品に出会えるか楽しみですよね(^^)
【2007/01/16 00:53】 URL | コブタです #- [ 編集]

コブタさんへ
前半に公開されたものに昨年はいい作品が多かったですね。いわゆる「胸を揺さぶる」作品に多く出逢えたのが嬉しかったです。
コブタさんのベスト1「RENT」は必ず観て
またコメントに寄らせてもらいますので待っていてくださ~い(^-^)
【2007/01/17 22:35】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/267-47f1b7a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2006 BEST MOVIE

2006年のBEST MOVIEを私の好みで選びました作品賞 Best Movieスタンドアップ NORTH COUNTRYウォーク・ザ・ライン 君につづく道 WALK THE LINEヒストリー・オブ・バイオレンス A HISTORY OF VIOLENCEユナイテッド93 UNITED 93グッドナイト&グッドラック GOOD NIGHT, AND travelyuu とらべるゆう MOVIE【2007/01/03 10:01】

●オオブタコブタ 今年の映画ランキング

Amazy晦日ですね~今年も楽しく映画三昧の一年を過ごす事が出来ました。今年は ビックタイトルから 社会派まで なかなかバライティーに富んでに面白い作品に出会えた一年だったように感じます。今年公開されて  コブタの視線【2007/01/16 00:56】

「海を飛ぶ夢」

海を飛ぶ夢2005年4月16日 | 上映時間 = 125分| 製作国 = スペイン・フランス・イタリア| 言語 = スペイン語・カタルーニャ語・ガリシア語| 制作費 = ?10,000,000 | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 321732| kinej 映画の缶詰【2007/02/15 08:41】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。