ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ブギーマン」
悪い事をするとお仕置きで押入れに閉じ込められた・・そんな子ども時代を持つ人もいるでしょう。
幸い自分にはありませんが・・。
そんな経験があると暗闇を特に怖がるようになるものです。暗闇には何か居るって。
これはそれに近いお話し。

クローゼットに「ブギーマン」がいると父親に教えられたティムはクローゼットが怖くて仕方ありませんでした。
けれど本当にブギーマンに父親が襲われて死んでしまいます。
15年経ってトラウマにさいなまれる日々が続いていました。
そんな折、母親が死亡。ティムは家に戻る事になります・・・

ブギーマン - goo 映画


boogeyman.jpg


ホラーとしての迫力は今ひとつありませんでした。
「ブギーマン」は幼少時に怖がる言い伝えの「お化け」。
ずっと姿を見せずに怖がらせた方が良かったように思います。
オープニングの子ども目線の恐怖心は共感するし、
ドキドキ感もあったのですが、大人になって「ブギーマン」と対峙するというのはどうかな~(^_^;)

空間のゆがみがあり、突然モーテルから自分の家に戻っていたりします。
クローゼットの向こうに行ったはずなのに知人の女性の家に瞬間移動していたり。
この辺の解明が全くなく、
ホラーなのではなくこれって謎解きのサスペンス?とまで思ってしまいました。

少女の出現もなんだか中途半端ですし、ジェシカ失踪事件の真相も闇のまま。
で、ブギーマンってなんだったの?と
ラストまで行ってもわからない・・・。

サム・ライミ監督、もう少し心理的に怖がらせてくれると思ったのですが。



スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/257-880457bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。