ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「トランスポーター2」
とにかくスタイリッシュ!
ジェイソン・ステイサム演じるフランクの何ごとにも動じないポーカーフェイスがかっこいい!
カーアクションを堪能できるのがリュック・ベッソン監督作品の醍醐味ですが、今回はいろんな物を駆使して敵と格闘するのが見所ですね。

20061129153928.jpg

“フランク”と言う寡黙なヒーローが2作目にしてしっかり定着しましたね。それにあの渋い声がいい。これは吹き替えではなく是非ともジェイソン・ステイサムの生声を聞いて欲しい物です。

今回、フランクの仕事は闇の仕事ではなく、一般人(と言ってもセレブですが)の息子の送迎というシンプルなものです。
1ヶ月もその仕事を請け負っていたある日、その少年の誘拐事件に巻き込まれます。
単なる誘拐事件と思われましたが、発病した者の吐いた息を吸い込むと4時間後に発症し24時間後に死に至る殺人ウィルスが絡んでいる事に気付きます。
フランクは警察の手をかいくぐり、解毒剤確保奪取のため単身敵陣を追う事に・・。
シンプルな仕事のはずがどんどん大事件に発展してしまうのです。

詳しいあらすじはこちらから⇒トランスポーター2 - goo 映画

孤高の戦士の風格はブルース・ウィルスの「ダイ・ハード」を彷彿としますが、どこか頼りなげで必至のダイ・ハードのヒーローと違ってフランクには「品」と言うものがあるんですよね。
格闘後、次に場所に向かう時クリーニングされたYシャツとネクタイに着替えるとか、ビシッとしたスタイルを崩さなず、
ピンチなんてことはおくびにも表情に出さない。
そこがスタイリッシュなヒーロー像です。

消火ホースに椰子の実、あるいはペンキまで戦闘の武器にしてしまう。
お~!見事なスタントに観る者をあきさせません。

ド派手なアクションを最初から最後まで楽しめて娯楽作品の王道を感じました。
「トランスポーター」、このシリーズは是非とも続いて欲しいです。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/256-b0641dab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。