ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「サッド・ムービー」
<プロポーズをうまく伝えることができない、消防士とアナウンサー>
・・・アナウンサーは消防士の彼にプロポーズをせがみます。その理由は・・・。

<終わった恋に気付けず空回りばかりしている青年と待つ事に疲れたパート店員>
・・・終わったと告げられても、なんとか彼女の為に仕事をしようと「別れ代行」の仕事をする青年が最後に請け負う仕事とは・・・。

<限られた時間を精一杯過ごす、病気に倒れた母とその息子>
・・・キャリアウーマンだった母が倒れ一緒にいられることの喜びにひたる少年・・・。

<着ぐるみの中の素顔に隠された、耳の聞こえない少女と絵描き青年>
・・・耳の聞こえない少女が絵描き青年に描いて欲しいと頼んだものは・・・。

4組の男女が織り成す愛の物語です。
4組が微妙に関わりあいながら物語が描かれます。
それぞれが思い通りにならない想いに苦悩します。

アナウンサーと消防士の話しはありがちなストーリーでしたが、
「別れ代行業」の青年のストーリーと、母親と息子のストーリーはお洒落であり、母への息子の想いに涙を誘います。

別れがテーマなのですが、
悲しい別れなのにそこにみんなどこか温かな安らぎがあるのが特徴ですね。

4組が独立したストーリーながらも一本に収まっている事に違和感は感じませんでした。
オムニバスにしてもそれはそれで成立した作品だと思うけれど、
逆に絡みが有る事で、同じ時間を4組が様ざまな形で生きている事を印象づけ広い空間を作り出しています。
たぶん、独立した4話だったら単純に感じたかもしれません。

韓国映画としては男性から女性へのアプローチが本作では低い分、邦画的な作品と言えるでしょう。
そこが韓国映画特有の「熱い想いを切々と語る」恋愛映画が好きという人には物足りなさを感じる点かもしれません。

私が一番グッと来たのは母子のストーリーでした。
どのストーリーが自分の好みか・・・観た人同士語り合いたくなりますね。

20061117215519.jpg



スポンサーサイト

テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/251-182be2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Sad Movie サッド・ムービー Sad Movie

チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、ヨム・ジョンア、シン・ミナ出演スジョンはニュース・ショーで手話をする仕事をしています彼女には消防士の恋人ジヌがいますがなかなかプロポーズをしてくれずジヌが事故に遭わぬよう安全を願うばかりです そんなスジョン travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/11/19 17:32】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。