ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「アンノウン-unknown-」
密室でのサバイバル・スリラー。観始めは「SAW」を彷彿とさせます。
けれど、「誰が犯人で誰が人質なのか」という独特の味付けが観る前から「SAW」とは違うぞと感じたので楽しみに観て来ました。

詳しいあらすじはこちらで⇒unknown - goo 映画


密室で目覚めた5人はみんな記憶を失くしていて、それはありえないだろうと思わせるのだけれど、そうなった理由付けがしっかりしているので問題なし。
それぞれが「犯人側」なのか「人質側」なのかと疑心暗鬼の中模索していくのだけれど、断片的に記憶を蘇られせ進行していくのにも関わらず観ているこっちは、最後まで誰がどっち側なのかわからない・・。
それがなんとも緊張感をもって映画の中に引きつけられる点でした。

「そういう事だったのか」と納得するどんでん返し。
なのにのそのまた後に用意されたどんでん返し。
久しぶりにワクワクしました。
このラストは本当に面白いです。

だれが犯人で、誰が人質なのかと推理して行く過程も面白いし、
その後はどうなるのかとハラハラしたり、
一息ついた後のどんでん返しとか、二重三重の面白さを用意してくれているのが心憎い。

これが東京でも2館しか上映してないなんて勿体無いです。

それと自分の好きな海外ドラマ(CSI:マイアミ)で出演している俳優さんが顔を覗かせてくれていたのは、ささやかながらも嬉しい発見でした。

UNKNOWN.jpg


公式サイト  http://www.movie-eye.com/unknown/
スポンサーサイト

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
これ気になっていたんですが
近所の映画館でも上映されていたので観てきました!
なかなか面白いですよね!
誰もが犯人にみえるし 誰もが人質にみえる描き方もうまく、どうなってしまうのだろうかとハラハラしながらみせてくれましたよね!

ラストも そうくるのか!!と言う感じですしね(^^)
【2006/12/03 01:40】 URL | コブタです #- [ 編集]


閉鎖的な空間だと下手をすると単調になりがちな所を心理劇で見せてくれて、
どっち側なのかと自問する姿が面白かったです。
気になって観に行ってくれたとのこと、嬉しかったです(~o~)
【2006/12/08 09:37】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/250-67b22f67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●アンノウン(unknown)

本来なら今日は、、「007 カジノロワイヤル」を観るべきだと思ったのですが、こちらの「アンノウン」が公開終わりそうなので慌ててみてきました。こちらの作品はソリッドサスペンスといわれるジャンルの映画で、 コブタの視線【2006/12/03 01:38】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。