ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「手紙」
犯罪を犯した家族の弟と言う事で何度となく差別を受け苦悩する青年の
挫折と再生の物語です。

詳しいあらすじはこちらで⇒手紙 - goo 映画


弟の大学進学の為に切羽詰って強盗に入り、謝って住人を殺害してしまった兄。無期懲役で服役する兄にせめてもの自責の念で手紙を書き続ける弟。
けれど、住む場所も仕事も恋愛も・・・そして夢までも兄の罪が原因でダメになってしまい、兄のせいだと手紙をやめる事で自ら兄との関係を断ち切ろうとします。
けれどそれで心が慰められるものではなく・・・

自分が犯した罪では無いのにどうしてそこまで苦しめられなければならないのか・・・
「危険なものから自分を遠ざけようとするのは理にかなった行動なのだ」
「犯罪を犯したものは服役した事で自分はらくになれるかもしれない。
けれど家族はずっと社会の中で苦悩する・・罪を犯すと言う事はそこまで考えなければいけない事なのだ。」
と会社の上司が言います。
加害者の家族にとってはなんとも重く、そして悲しい言葉です。
けれどそれが世間の真の姿です。

服役して罪が消えるものではないのです。
それは自分の家族にたいしてもそうだし、被害者家族に対してもそうです。
罪はずっと『双方の家族を傷つけ続ける』のです。

弟の直貴を陰で支える女性はこんな女性がいるのか!という程心の美しく強い人。彼女がいなければ直貴は新たな道を歩き出す事が出来なかったでしょう。

山田孝之は安心して見ていられましたが、何より兄役の玉山鉄二の演技に目を引きつけられます。
彼の演技に涙が溢れました。

実際の被害者家族にとってはとてもこんなきれいごとでは済ます事は出来ないと思うし、決して終わりに出来るものでは無いと思いますが、
兄と弟を繋ぐものが手紙であり、引き離すものも、そしてまた誰かの手によって結ばれたきっかけも手紙というところに
この「手紙」というキーワードの重みを感じました。

ラストが少しボケた感がありますが、感動しました。

20061028212619.jpg


公式サイト  http://www.tegami-movie.jp/
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/249-f4f356fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。