ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ファイナル・デッドコースター」
あらすじは⇒ファイナル・デッドコースター - goo 映画


「ファイナル・デスティネーション」の3部作。
一度背負ってしまった死の運命は決して振りほどく事が出来ず、
例えヒロインであろうともこの作品達は救ってくれません。
しかも最後の最後にショッキングな方法で・・。
この「誰も救われない」というモチーフと、
一人一人の凝った死のパフォーマンスがホラーファンの人気となっていますね。

1作目は最初の舞台は飛行機、2作目がハイウエイ、そして3作目の今回はまたまた身近なジェットコースターです。
この冒頭の予知夢、今回もとてもリアルでした。
ちょっと当分ジェットコースターには乗りたくなくなりました(^_^;)
そして事故から逃れた生徒達が、ジェットコースターの座席順に死んでいくのです。

1作目から10人以上死んでますから、その死のパターンはだいぶ出尽くした感じで、なんとか偶然の死を作り出している感じでした。
前作よりその残酷さはバージョンアップしているのですが、ちょっと作りこみすぎの様な・・・
2つのサウナに綺麗にハマり込んでしまう板とか、
うまくギアが入ってしまうアーム車(?)とか。
偶然は必然なのだとしても、うまく事が運びすぎと言うか・・。

前作の場合、「これで死ぬのかな」とドキドキさせておいて「はぁ~、違うんだ」とホっとさせた後に起こる死のタイミングが絶妙な緩急を作り出していました。
それが今作、観ている方がそれを覚えてしまっているため、肩透かしがある事をわかってしまい緊張感が薄れてしまったように思います。

それでも写真の中にヒントがある、と謎解きの部分を提示したのは
面白みがあり、観客を引き入れる事に成功はしていると思いました。

ラストの印象付けがうまいのがこのシリーズで、
次もやっぱり観たくなるんですよね。
「ファイナル」と言いながらも続編はまたできるかも。
だって原題は1作目から「ファイナル」が付いていますからね。

final_destination3.jpg



公式サイト  http://www.finaldeadcoaster.com/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
コレもう始まっていたんですね~
このシリーズ結構すきで、これ興味あったんですよね!
もう公開されていたとはうっかりしていました。
風が吹けば桶屋が儲かる的な人の死に様が 恐怖というよりなんともいえないシュールな笑いを呼んでいましたよね。
1から うまくひねりを入れた2、3でどうなっているのか楽しみです!
【2006/09/14 19:25】 URL | コブタです #- [ 編集]


当分観に行けないと思っていたのですが公開4日後に観に行く事が出来ました。
あたしは変にヒロインただ一人助かるとかいう作品よりも、こういう救いの無い作品の方が好みで(性格うたがわれるかな^^;)観終わった余韻がこのシリーズの好きなところです。
同じパターンなんだけど、キレがいいから許せちゃうんです。
あ、でも今回は同じパターンと言ってもちょっと違う展開あり・・です(^_^)
【2006/09/14 22:59】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/236-908642aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。