ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「出口のない海」
あらすじはこちら⇒出口のない海 - goo 映画


「半落ち」の作者横山秀夫氏の同名著書の映画化です。
「半落ち」で監督を務めた佐々部清が再び横山氏の作品を手がけ、
山田洋二氏、そして映画「赤い橋の下のぬるい水」の脚本を手がけた冨川元文氏の2人が脚本に加わっている事でも注目される作品でしょう。

甲子園の優勝投手並木(市川海老蔵)を始め4人のごく普通の青年が自ら海軍に志願をし、人間魚雷「回天」に乗り込んでいく・・・。
決死の姿を描いた作品です。

1945年、日米の開戦で多くの青年達が、当たり前に生きる事を阻まれ戦争の真っ只中へと散っていきました。
あたしたちの今の平和がそう言う人達の犠牲の元に成り立っているのだと改めて考えさせられました。

「出口のない海」とは、人間魚雷の中を指しているのですね。
一度乗り込んで発進したらもう二度と戻ってくることはありません。
乗り込んだら最後、出口は無いのです。

並木はこの魚雷に2度までも乗り込み出撃に失敗します。
英雄の名を刻んで華と散ろうと覚悟をして2度も死の覚悟をし、
出撃出来なかった時の気持ちはあまりに並木にとっては残酷なもので、
2度までも生死の狭間を行き来させられた苦しさは耐えがたいものがあったに違いありません。
この作品の一番言いたい所は、もしかしたらこの出撃したくても
出来なかった並木の想いにあった気もするのです。
ただそんな風に気持ちを汲み取ったものの、
小説とは違い、映像表現としてそれがはっきりと表現されていたわけでは無いので
あたしのこの感じ方が果たして正しいのかはわかりません。

映画全体としては小説的な(というと変ないい方になりますが)展開で、映画は原作をうまく表現しているのだろうとは思うものの、
感動のツボが甘く、涙を流すほどの想いにはなれませんでした。
海老蔵に歌舞伎役者としての華はあっても俳優として見ると
まだちょっと気負いがあってその華を感じられないんですよね。
それも感動まで至れなかったひとつの要因かもしれません。

もうちょっと盛り上がりのメリハリが欲しいところでした。

20060831170106.jpg


公式サイト  http://www.deguchi-movie.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/235-eb0c26ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

出口のない海

出口のない海| 上映時間 = 121分| 製作国 = 日本| 言語 = 日本語| 制作費 = | 興行収入 = | 前作 = | 次作 = | allcinema_id = 325100| kinejun_id =| amg_id =| imdb_id = }}『出口のない海』は、太平洋戦争時、回天特別攻撃隊で出撃した若者の姿を描い あずさのブログ【2007/08/21 05:48】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。