ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ブレイブストーリー」
「願い事のためなら何をしてもいいのか」わかりやすいテーマをドラマチックに描いたファンタジーアドベンチャーです。

あらすじ…どこにでもいる平凡な11歳の少年ワタル(声 松たか子)は、ある夜、幽霊ビルを探検していた時に奇妙な扉を見つけ、その中へ入っていく転校生ミツル(ウエンツ瑛士)の姿を目にする。「扉の向こうに行けば、運命を変えられる、ひとつだけ願いが叶うんだ」。

そんな中、父親が家族を捨てて家を出ていった。母親は心労で倒れて病院に運ばれてしまう。その時、ワタルは「運命を変える」というミツルの言葉を思い出し、幽霊ビルへ。
扉を開いて底知れぬ穴の中へと落ちるが、そこで見習い勇者の装備一式を与えられる。5つの宝玉を手に入れ、願いを叶えるために。

そして新たなる扉を開き「幻界(ヴィジョン)」の世界でのワタルの冒険が始まるのだった。


原作ファンには厳しい声が多いのですが、原作を読んでいない事もあってかとても面白く観れました。
この作品も長編と言う事もあり2時間に納めるには無理がどうしても出てしまいます。
その省略された部分、それぞれの冒険談を魅力と思っているならば当然不満の声は高くなってしまうでしょう。
けれど「ゲド戦記」と違い、その省略された部分は映画をひとつの作品として観た場合には殆ど気になら無い範囲のはしょりです。
知らなくてもストーリーは一貫していてわかりました。

小学生にとって一番身近であり、そして大切なものは「家庭」「家族」だと思います。
「家族の再生」の為に勇気を出して願いを叶えるための冒険に出る…その背景が誰しもが共感するものだったため、物語にスンナリと入っていけたような気がしました。

「ミツル」という自分勝手さゆえに周りの均衡を壊してしまうキャラを置き、明確に「許されないもの」をアピールしています。
けれど、「ミツル」を悪として捕らえるのではなく、
家族を想う優しさも込めてミツルの存在を描いているので、
とても気持ちを揺さぶられます。

作者自身が伝えたかった事が監督にもしっかり伝わっており、監督も伝える術を心得ていた・・それがこの作品の長所です。
特に伝えたい事が観るものにしっかりと伝わると言う事はビジュアルコミニュケーションとして一番大事な事だと思いますし、
それがきちんとできている本作は良作と言えるでしょう。
女神に願い事をするシーンではだいぶ映像の中で言葉として表現し過ぎてるようにも感じもありましたが、
小学生でも「あ~そういう事か」とはっきりわかるのが良かったのかもしれません。大人の為の作品では無いのだからそこらへんは甘く見てもいいでしょう。

撮影技術として、2Dの映像が時折その画面の中に3Dが入ってくる手法。これは意表をつかれかなり不思議な映像でした。
多分今の技術なら全て3Dで描く事も可能かもしれませんが、
このポイントごとに3Dを使ったのは視覚効果の印象がとても強くなっています。

映画を観て原作が読みたいと思わせる、上手い作りになっていたと思います。
まず映画を観て、夏休みの読書感想文の宿題に原作を読むなんて言うのもいい流れではないでしょうか?

「ゲド戦記」より断然おススメのアニメ作品です。

20060724164009.jpg



公式サイト  http://www.bravestory.net/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/233-d1a2f564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。