ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「パニック・フライト」
DVDリリースの劇場未公開作品です。
劇場話題作だった「フライト・プラン」の二番煎じのようなイメージがありますが本国アメリカで公開されたのはこの作品の方が前です。
身体の動きの殆ど無い、座って会話だけのシーンですらスリリングで目が離せませんでした。
思わぬ展開続きで「フライト・プラン」よりも脚本が面白いんです。
満足度は絶対こっちです。
またまた主演の知名度だけで劇場公開、未公開を決める日本の映画界には喝を入れたいですね。

あらすじ…一流ホテルのマネージャーとして働くリサ(レイチェル・マクアダムス)は、離婚した母方の祖母の葬式に参列。勤務地マイアミへ戻るフライトを待っていた。悪天候での遅れを待つ間に優しい男性リップナー(キリアン・マーフィ)と知り合う。真夜中ようやくフライトするが、隣の席に座ったリップナーの正体は、国家要人暗殺チームの一員だった。彼はその計画遂行の鍵を握るのがリサだと迫る。「協力しないと、お前の父親を殺す」と。

国土安全保障省の副長官がリサが勤務するホテルに宿泊することになっており、その宿泊の部屋を変更するように迫ります。
相手は8週間前からリサを見張っており、彼女なら部屋を移す権限を持っていると踏んだわけです。

飛行機・・広い空間のようで地上30,000フィートの空の上では完全な密室。逃げ場はありません。
隣りに座った男はテロリストの一味で、人質にされている事に誰も気付きません。

リサの胸の深い傷跡、青年が何気なくペンを使って絵を描いているシーン、空港で1人搭乗しようとしている少女・・など伏線がうまく張られていました。
なにかあるなと思わせても「そう来たか!」みたいな。

リサが相手にどうしてこうも強く向かっていけたのかの定義もしっかりしているのがいいです。

前にも書きましたが、飛行機内で座っているシーンは身体の動きは最小限で殆どが会話です。
なのにグイグイひきつけるし、会話がとてもスリリングなのです。
駆け引きをしてそれが失敗したりとハラハラさせられます。

飛行機を降りてからの展開もテンポがよく、最後まで緊張させられるサスペンスになっていますね。
監督がホラー作品に長けた人であるだけあって、ホラー的要素もうまく取り入れられていて(シャワー室からカーテン越しにヒロインを映すカットなんて、そこに犯人がいるようで心憎い演出です)最後まで緊迫したまま観終われました。

キリアン・マーフィは一見線の細い人なんだけど、
悪に変わった途端の迫力の演技。目の演技が冴えていました。
喉で「ヒーヒー」と言う音はそれだけで不気味でした。
レイチェル・マクアダムスも「きみに読む物語」で初めて知った女優さんだけれど、こんなに演技が上手だとは!

お金を出して観るならこっちの方が良かったです。

ただし、「パニック・フライト」・・・この邦題は相変わらずダメダメですね。
ちなみに原題の「RED EYE」は真夜中のフライトで眠れないことに掛けているようです。ずっと意味深でオシャレですよね。

red_eye.jpg

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
人に薦めときながらまだ観てない私、、
実はキリアンマーフィー好きで、アメリカで制作しているときから、注目しているのにこの作品。。また観てないのよね;;
うー aiさんの記事みて観たい気がブヒブヒしてきました!
キリアン・マーフィー 28日後の時と、バットマンとこの作品 プルートで朝食(は別人通り過ぎてますので)の時イメージかなり違って見えますよね!
やはり怪優ですね~
【2006/07/21 12:46】 URL | コブタです #- [ 編集]

最近は怪優のイメージが付いていましたね
キリアン・マーフィー好きでしたかぁ(~o~)
「28日後」観てますよ!でもキリアン・マーフィーって印象がありませんでした(^_^;)顔を見れば「あ~この人この人!」って思うんでしょうけど、注目していた役者さんじゃなかったんですよね。(申し訳無いm(__)m)
でも今回この「パニック・フライト」を観てその存在感を認識。もちろん「キリアン・マーフィー」の名もインプットしました。
そんなわけで「プルートで朝食を」をそうですが、「28日後」も再度ブヒブヒ観賞したくなりました(笑)。
内容も忘れてしまっているので丁度いい機会かもしれません。
彼のファンならこの「フライト・プラン」は必チェックですよ(^_-)

【2006/07/21 21:10】 URL | ai #- [ 編集]

観ました~
やっとみました!
いや~面白かったです!
主演二人の演技力だけでなく、脚本が上手いですよね!

通常 飛行機が落ちる内容の映画は、飛行機の中で上映されないのですが、この作品も飛行機落ちなくても 上映されなさそうですね。

悪戯心だして、、JALのHPで、観たい映画のリクエストという所に、この作品投稿しておこうかしら(^▼^)
【2006/07/26 15:51】 URL | コブタです~ #- [ 編集]

やっぱり気に入ったようですね
飛行機の座席というその場所だけで見るものにいろんな事を考えさせるテクニックは唸りますよね。
あのトイレから出た途端目の前に男が!には身体がビクッとしちゃいました。狭い空間と広い空間の使い方がなんとも上手く描かれ、ヒロインにもしっかり共感できるいいサスペンスになっていますよね。
【2006/07/27 21:07】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/232-2036bae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レッド・アイ Red Eye

レイチェル・マックアダムス、キリアン・マーフィー主演久々に切れ味鋭いサスペンス映画を観ました主演を演じるレイチェル・マックアダムスがキラキラ光っていますレイチェル演じるリザは一流ホテルの有能なアテンダント・マネージャーその彼女にサービスを任すVIPは数多い travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/07/20 22:31】

●パニック・フライト(RED EYE)

パニック・フライト スペシャル・エディション角川エンタテインメントカール・エルスワース(その他)ボニー・カーティス(著)ウェス・クレイヴン(監督)レイチェル・マクアダムス(出演・声の出演)キリアン・マーフィ(出演 コブタの視線【2006/07/26 15:47】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。