ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「リディック」
あらすじ…5つの惑星から指名手配され、銀河系のはずれで逃亡の日々を送るリディック。新たに高額な懸賞金を掛けたのは誰かとヘリオン第1惑星へとやって来た。平和だったこの星は、いまや凶悪な種族ネクロモンガーのリーダー、ロード・マーシャルの手に落ちようとしていた。へリオンに暮らすエレメンタル族の使者エアリオンは、リディックが救世主と信じ助けを乞う。その話を一笑にふすリディックだったがやがて宿命に身を任せる事となる。

「ヘリオン」だ、「フューリア」だとカタカナの名前が次々と出てくる序盤はストーリーを理解するために予備知識を得て少し整理しておく方がいいかもしれません。
CGを使っているにしても未来惑星の見せ方は迫力があり大きなスクリーンで観たかったなと思いました。
「トリプルX」のヴィン・ディーゼルが好きだったらこの作品もタフなヒーローとして楽しめるでしょう。

ただスケールが大きいのに、ストーリーには不満が残りました。
そもそも懸賞金稼ぎに捕まって「クリマトリマ」惑星に行き「ジャック」を助け出すまでの一連のストーリーが、筋書きのなかで大切な部分だったのでしょうか。
見せ場は多かったのだけれどサイドストーリーの感は否めません。
『ネクロモンガーとの宿命の対決』がストーリー全体の鳴りものなのだとすれば、その部分はほんのわずか。
リディックの特殊能力のすごさを際立たせるような場面も乏しいです。
しかもあのラストはちょっと・・・。

「ピッチブラック」の続編と言うことですが前作の方はもっとおもしろかったのでしょうか?
同じアンチ・ヒーローものならこの作品よりあたしは「ブレイド」を推しますね。

riddic.jpg




公式サイト  http://www.riddick.jp/

公式サイトへは「リンク」からどうぞ
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/23-d23f4834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。