ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「マグノリアの花たち」
女性同士の友情も素敵です。笑ってホロリとさせられる親子の絆と友情を描いた作品。
1989年製作、ジュリア・ロバーツの初々しさがとても新鮮です。

あらすじ…アメリカ、ルイジアナ州の小さな町。シェルビー(ジュリア・ロバーツ)の結婚式の当日で母のマリン(サリー・フィールド)を始めイーテントン家は準備で大わらわだった。シェルビーとマリンは行きつけの陽気な女主人トルービィ(ドリー・パートン)の経営する美容室にやってきた。美容師アネル(ダリル・ハンナ)が来たばかりのその店には式の身づくろいのために、偏屈者の未亡人ウィザー(シャーリー・マクレーン)や、町長の未亡人クレリー(オリンピア・デュカキス)の姿も。ところが店でシェルビーが発作に襲われる。実は彼女は糖尿病を子供の頃から患っており、結婚しても子供を産んではならない体だったのだ。妊娠が分かったシェルビーは、命を賭けても子供を産もうと決心する。

結婚式の支度の為に女性がしなければならない事は・・美容院に行くこと。冒頭は美容院という場所で女性6人がおしゃべりを繰り広げることから始まります。
登場する女性達の関係は一見しては分かりません。世間話に花が咲いているそんなたわいもないシーンです。
そしてその中で起こるシェルビーの糖尿病の発作。
治まって穏やかになった空気をかき乱すようにウィザーが登場して・・・。
この冒頭で6人の女性陣の性格や抱えているものを説明的でなく表現しています。

ウィザーもクレリーもお互いにそれはもう言葉が悪いのだけれど、
その後のいろいろなシーンで信頼関係を感じさせます。
なんと言っても、あんな毒舌は本当に気心が知れていて気持ちが通じ合っていないと面と向かってなんて言えないものです。
それはウィザーとマリンの夫との関係でもそう。
ウィザーがどんな毒舌を履いてもマリンの夫はなんだか面白がっています。「ああ・・・そんな関係を楽しんでいるんだな」と。
2度の結婚に失敗している事からも、彼女の内面の寂しさを周りがちゃんと理解しているのでしょう。
だから一見嫌な性格に見えそうなのに、ウィザーという女性が可愛く見えてくるのです。
あたしは一番好きなキャラでした。
それはシャーリー・マクレーンの芸達者ぶりで魅せている感じでもありますが。

お墓でのシーンでは思わず泣き笑いしました。
クレリーの機転と、ウィザーの持つキャラのお陰で救われるマリン。
シェルビーが妊娠したとわかった時に励ますシーンと同様、彼女達の絆の深さを感じさせるシーンでした。


この作品は2つの事を描いていますね。
一つは(たぶん、これが前面に出ている方として)6人の女性の「女同士の絆」。
もう一つには続いて行く「生命の絆」。
どちらも「感じて」とばかりに強調して描いていないのが返って印象を深くしています。
死が大きく関わっている作品ですが、爽やかな風を感じたまま観終われる作品です。

ジュリア・ロバーツはあまり好きな女優さんではないのですが、このデビュー間もない頃の初々しさは良かったです。
なんだか知名度が上がるにつれ、アクが出てきてしまった感じがするんです。この作品を観直して是非初心に返って自然な演技をして欲しいものですね。

強烈なアピールがあるわけではありません。
なのに言いたいことが伝わってくる・・あっぱれな作品だと思います。

20060618215515.jpg

スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/220-30121d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。