ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「夜になる前に」
あらすじ…キューバの亡命作家レイナルド・アレナスの生涯を描いた作品。アレナスは、14歳で暴動に参加。大学に通い、作家を目指すと同時に同性愛に目覚めていく。処女作は評価されるが、やがてキューバ政府は芸術家や同性愛者たちを弾圧。アレナスも政府や警察から容赦ない迫害を受ける日々が始まる・・・。

なんの予備知識も無く観ました。ジョニー・デップが女装で出てきた時に始めて「それで話題になった映画はこれだったのか・・」と思った程です。
キューバの弾圧的政治背景に翻弄される実在の作家と言う事で、その内容はなかなか衝撃的ではあるのですが、出生から最後まで本をめくるように平坦にストーリーが運ばれるので盛り上がりが無く、観ている方も淡々と目で追っていくと言った感じ。

 (この先ネタバレあり)

ラスト近く急に衰弱して行くのですがそれが「エイズ」に侵されていたのだとわかったのはサイトを観てからです。その点が明確に描かれなかったのは何故なんだろう・・・。
「鎮痛剤を大量に取って自殺」とあったけれど、あたしには「ラサロに殺された」としか映りませんでした。この点の矛盾も良くわかりません。

それでもハヴィエル・バルデムはアカデミー最優秀男優賞にもノミネートされ、いくつかの最優秀男優賞を獲得した実力者ですし、脇をオリヴィエ・マルティネス、ジョニー・デップ、ショーン・ペンと言ったそうそうたる俳優人が固めているという点は抑えておきたいポイントでしょう。

20050327201814.jpg




公式サイト http://www.asmik-ace.com/Bnf/ 
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
デップ目当てで観てしまいました。
ai さんのおっしゃる通りなんですよね!
アレナスの生涯を描いていながら、すごい説明不足で分かり辛いんですよね。
キューバのなんともいえない熱気とかいう空気感はよくでていたのですが。
デップは二役する意味も解りませんし、、ラストの描写も解らないんですよね、、、
【2006/07/06 10:33】 URL | コブタです #- [ 編集]


ストーリー全体の印象派どちらかと言うと薄いんですが、この作品でハヴィエル・バルデムを初めて知り気になる俳優さんになりました。
そして割と最近観た「海を飛ぶ夢」で一気にあたしの中のバルデム株が上がっちゃいました(^_^)♪
観ていて気づいたあたしと違いデップファンは最初から注目していたんですね。デップがこんな小さな役もやるんだ~と感心。
【2006/07/06 21:25】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/21-9500a161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●夜になるまえに(BEFORE NIGHT FALLS)

キューバの作家レイナルド・アレナスの波乱に満ちた生涯を描いた映画「夜になるまえに」を鑑賞しました。レイナイド・アレナスは子供のときにカストロが行う革命に身を投じるものの、大人なり作家となったアレナスは、 コブタの視線【2006/07/06 10:29】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。