ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「Jの悲劇」
あらすじ…郊外の草原で彫刻家の恋人クレア(サマンサ・モートン)とピクニックを楽しんでいた大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)。そこへ風にあおられコントロールを失った気球が落下してくる。ジョーをはじめ近くに居合わせた4人の男たちが気球を抑えようとロープにしがみつくが、ちょうどその時突風が吹き、気球が空中に浮上し始める。ジョーと2人の男はすぐさま手を放し難を逃れるが、ただひとりロープにつかまったまま空高く運ばれた医師の男が、みなが見守る中、墜落死する。もし自分が手を離さなければ・・と罪の意識に駆られるジョー。そんな折、事故の現場で出会ったジェッド(リス・エヴァンス)という男が彼の前に現れ意味ありげな事を言う。それ以来ジョーに偏執的につきまとうようになるのだった。

何とも怖いストーリーでした。
平和な日常の中に突然降りかかる非日常。
しかも全くわけのわからない状態で執拗に付きまとわれるのです。

一方的な愛で付きまとわれると言うストーカーの物語は
今までにもありましたが同性の男というパターンは珍しい。
しかもそのきっかけというのが
悲惨な事故に居合わせたと言う、これもまた普通ではない非日常の出来事です。

ジェッドは事件の時にジョーが普通に目を合わせ、普通に肩を触った事を愛情と思い込んでしまいます。
普通じゃない人間に、どんなに「あんたは普通じゃない」とか
「自分はそんなつもりは毛頭無い」などと反論してみても無駄なのです。
どんどんエスカレートして行くジェッドの行動はされたものにしかわからない恐怖です。

夜中にジェッドの言っている意味がわかりクレアに興奮しながらその謎を実際にやって見せる・・外は雨が降りしきり向かい側にはぼんやりと明かりが灯る公園で、そこにジェッドがずぶ濡れでこちらを見ているのです。
今のカーテンの動作を見ていた!
このカーテンの意味する下りはゾクッとしました。

恐怖をあおる音楽が流れるわけでも無く逆に無音になったり、
クレアの身の危険を感じてアパートの階段を駆け上がるシーンのカメラアングルの絶妙さ。
それらが怖さを一層強調していてうまいです。

気球からの落下事件と言うオープニングから、
ジェッドという男が登場して、付きまとう意味がわからない展開までもがスリリングならば、
付きまとわれる理由がわかり、追い詰められてどんどん常軌を逸していく主人公の立場に、いつしか自分も同化していくのを感じ始め緊張が高まりました。

全てが非日常なのですが、最後に遠ざかりながら映し出される風景がなんとも日常的で、印象的に締めくくられています。

エンドロールの後の映像もドキっとしますので最後まで観てください。

20060429232429.jpg


公式サイト  http://www.wisepolicy.com/enduring_love/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

そうですね。エンドロール後の映像を見逃している人はいると思います。まさに原題の「Enduling LOVE」なシーンです。映画と小説ではエピソードや人物設定が異っている部分があるにで小説を読むのをオススメします。赤い色を効果的に使ったり視覚的に工夫がされている点も印象的でしたね。
【2006/04/29 23:39】 URL | 二純 #- [ 編集]


小説で読むとさらに引き込まれそうですね。赤と言う色はポイントとしての印象を残す色でもありながら、「壊れていく」ものの象徴にあたしには感じられました。正直、さほどこの赤に特別気を留めはしなかったのですが、気球の赤はポスターでもサスペンス調に仕上がっていて見栄えがします。
【2006/04/30 21:11】 URL | ai #- [ 編集]


この映画 面白そうなので観てみます♪
ちょっと楽しみです
【2006/05/02 17:13】 URL | yuu #pPot321I [ 編集]


yuuさん ありがとうございます。

ホラー映画よりよっぽどゾクッとくる感覚を味わえますよ。あまり予備知識がない方がジェッドの怖さをより感じられると思います。
ストーカーのきっかけになるオープニングがよく練られた筋書きになっていて、すぐにストーリーに入り込む筈です。
【2006/05/02 21:16】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/195-3e0eba93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Jの悲劇 Enduring Love

愛は続く。一方的に、執拗に。永遠に・・・INTRODACTION作家で大学教授のジョー(ダニエル・グレイク…第6代ジェームズ・ボンド役が決定している)と長年の恋人で彫刻家のクレア(サマンサ・モートン)が、草原でピクニックを楽しんでいた所に操縦不可能となった気球が落ち シャーロットの涙【2006/05/04 00:24】

Jの悲劇 ENDURING LOVE

ダニエル・クレイグ、サマンサ・モートン、リス・エヴァンス主演オックスフォードの郊外の野原 科学者で大学の講師をしているジョー(Joe)と彫刻家のクレアはピクニックに来てシャンパンを開けようとしていましたそこに突然コントロールを失った熱気球が落ちてきます操縦 travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/05/08 10:01】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。