ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
イズ・エー[is A.]
あらすじ…刑事、三村(津田寛治)は久しぶりの家族での外食で渋谷のファミリーレストランを訪れていた。そこで突如爆破事件が発生。彼は爆破事件で最愛の息子を失った。犯人は“ホーリーナイト”と名乗り、多くのメディアに取り上げられ、カリスマ的存在となる。ところが捕まったのはなんと14歳の少年・勇也(小栗旬)だった。少年法により勇也はわずか4年で出所した。勇也の社会復帰を知り苦悶する三村。一方勇也の父親(内藤剛志)は家族の再生を願って息子を見守っていた。しかし、勇也の友人だった少年の殺害事件が発生。少年の家から爆薬も盗まれている事を知った三村はある確信をする。

何を観るものに訴えたいのか、考えさせたいのかわかりやすい内容でした。

14歳という年齢であったため大量殺人という罪の重さとは裏腹な4年の刑期で早々に出所してくる少年。
少年は少年院の模範生として出所して来ます。

最愛の家族を失った三村は、そんな短い期間で果たして彼が更正したのかと疑問を持ち、それを勇也の父親にぶつけます。

一方勇也の父は、自分の息子に対する期待の大きさが勇也を犯罪者に仕立て上げてしまったのだと罪の意識に苦悩する日々。
けれど父親であることを放棄せず息子を見守り、社会にしっかり復帰させる事に人生を掛けるのでした。

「おまえは、刑事じゃない。ただの復讐に駆られた男だ。」
と責められ
「それがなんだ、俺の何がわかる!」と叫ぶ三村。

「たった4年で彼が立ち直ったと本当に思っているんですか?」
と詰め寄られ
「いい加減にしてくれ!あいつは立ち直ろうとしてるんだ。」と息子を信じ叫ぶ海津。

双方の立場が全く逆の「父親」。
その想いにはどちらにも共感してしまいます。
家族を奪われたのに犯人が法に守られるという矛盾にあえぎ、
一方で出所した息子の更正を信じて被害者家族にさえ対峙する。
どちも父親なのです。

そんな苦悩を横眼で見るようにまた犯罪に走る少年。
少年法のあり方にメスを入れながらも、「何が少年をだめにしたのか」と観るものに問いかけています。
家庭のしつけ?それとも世間?

想像を超えた展開で終わります。
救いは無いです。
けれど、この救いの無さがある意味で現実(リアル)です。
誰か救われる者がいるなんてことは
実際の事件の結末でも決して無いのですから。

20060428180049.jpg



公式サイト  http://www.is-a.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

加害者の父親と被害者の父親の対決に見所がありましたね。どちらも気の毒ですが、津田寛治さんの暗い表情とセリフ回しに引き込まれました。もちろん内藤さんや小栗君の演技も必見ですが。救いのない終わり方がリアルに胸に響きますね。
【2006/04/29 18:37】 URL | 二純 #- [ 編集]


親の想いとまったく違う世界に少年の心があるという、そのつかみどころの無い現代的で空虚な少年を小栗旬はうまく演じていました。他サイトのあらすじに、みな「妻と息子を失った」と書かれてしまっているのが残念です。とても上手く伏線を張っていて、事実が明かされたときの面白さがせっかくあるのにもったいないですよね。
【2006/04/30 21:06】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/194-60bf54c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。