ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「7人のマッハ!!!!!!!」
あらすじ…デュー(ダン・チューポン)は麻薬売買を取り締まる国家特殊部隊に所属する刑事。潜入した麻薬組織のアジトでで麻薬王・ヤン将軍を逮捕する事ができたが隊長が命を落としてしまった。
刑事としての情熱を失った彼は、妹でテコンドー金メダリストのニュイ(ゲーサリン・エータワッタクン)に付いて、ナショナル・スポーツ協会が行う農村への慰問の旅へと赴いた。そこへ武装ゲリラ隊が突然この村を襲撃。タイ政府に向けて、24時間以内にヤン将軍を釈放するよう要求し、村人やデューたちを捕虜にする。しかもデューはゲリラが核ミサイルを首都バンコクにむけて発射しようとしている事を知るのだった。


突如村を襲った武装ゲリラ隊に<テコンドー><器械体操><サッカー><セパタクロー><ラグビー><ボクシング><ムエタイ>のスポーツを得意とする男女が立ち向かっていきます。
「マッハ!」の言葉を受け継いでいるように「CG無し、ワイヤー無し、スタント無し」にこだわっています。

冒頭のカーアクションから危険なアクションが炸裂し、一気にマッハワールドです。

けれどその痛快さがストーリー全編に溢れているかと言うとそうではありません。
デューたちが訪れた村で突如巻き起こる惨劇。
ゲリラは村人を子供、女、年寄りにいたるまで情け容赦なく銃殺していく。
戦争映画と言われる作品よりも残酷に殺されまくるのです。

そんな殺伐とした重さが比重を占めているので、
自分としてはその後どんなに華麗な技が繰り出されようとも、
爽快な気分にはなれませんでした。
「マッハ」では一つ一つ「見せる技」に驚嘆し、すごい!と思いながら観れたのですが、「7人のマッハ!!!!!!!」では背景が重すぎて
軽快さが薄れてしまっています。
そこが「マッハ!」とは似て非なる最もたる部分です。

7人が得意スポーツで敵と戦うという発想は面白いものです。
けれど、7人がどれくらいそのスポーツの達人なのかというものが
敵と戦う前にもう少し紹介されていたら良かったですね。
セパタクローは多少印象にありましたが、
他の5人(主人公を除いて)については殆どありませんでしたから、
突然敵と対峙した時に技を見たって感じで終わってしまった感じがします。

気楽に楽しみたいと思ったのですがあの殺戮を前にして、アクションを楽しもうというのは自分としては難しかったです。

20060426214826.jpg


公式サイト  http://c.gyao.jp/movie/7mach/7mach.html
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

やはり女性がワクワクして観るような映画じゃないですね。7人の細かい描写はもっとほしかったのは同感です。私のブログでもいいましたが、安直な邦題に騙されて観るとギャップはありますね。男性の私には十分楽しめましたけど。
【2006/04/26 22:10】 URL | 二純 #- [ 編集]


たぶん、女性だからって事でも無いと思うんですが・・・。主人公以外の6人がクライマックスより前の段階でスゴ技を出してホホ~と感心する場面があったら良かったなって思います。
【2006/04/28 20:41】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/192-a54a2817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マッハ

マッハマッハとは、#マッハ数。物体の速度と雰囲気の音速との比であらわしたもの。本項で後述する。#OS名。Machの項を参照。#アニメ『戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマーV』に登場するサイバトロン戦士の一員。#2004年に日本で公開されたタイ王国| まなみの日記【2007/05/30 04:12】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。