ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「CODE46」
あらすじ・・・近未来。都市間の移動は厳しく限定され、パペルという滞在許可証を発行された者のみに許されていた。シアトルに暮らす調査員ウィリアムは、パペルの審査・発行を一手に引き受けるスフィンクス社から、パペル偽造事件の捜査を依頼され上海に渡る。特殊能力を有する彼は、社員の一人、マリアが犯人と見破る。しかし二人は同一の遺伝子を持つ者同士の生殖を禁じた“コード46”を犯した恋をしてしまう。

好きな映画「ショーシャンクの空に」のティム・ロビンス主演の映画です。
イギリス映画、そして近未来を舞台にしているといえば華やかな作品と感じてしまうがまるでフランス映画を思わせるようなまろやかな描き方です。
サスペンス調なのかと思えば悲恋ラブ・ストーリーだったし。

終わり方も、ストーリー仕立ても全体で見ればいい感じなのだけれど、主人公の二人の悲恋が芯に迫ってこないのは、「コード46」の定義そのものがいまひとつピンと来ないせいだと思います。
「パペル」にしても、どうしてそこまで都市間移動を徹底しなければならないのかという背景が見えてこないです。
恋に落ちていく過程もしかり。
それら個々の中途半端さが全体をぼやけさせてしまった気がします。

ただ、恋愛の記憶を消したとしても、その人に再び出逢ったのならばまた同じように恋に落ちるはず・・その考え方としては作品に共感しました。

CODE46.jpg



公式サイト http://www.code46.net/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/19-851575ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CODE46

『CODE46』です。近未来のSFストーリ映画と誤解を招きそうだが、これはれっきとしたラブストーリーです。  ただ時代背景が近未来というだけです。時代背景が近未来なのでSFとしてエッセンスは当然あるのですが、主体はラブストーリーで、それもちょっと切ない感じです。ハ 前向きに進みたい!!うつな自分【2005/04/02 10:17】

CODE46

ティム・ロビンス、サマンサ・モートン主演未来都市は遺伝子工学が進み 居住区と外部に別れています遺伝子工学とは 人もクーロン化が進み同じようなDNAが数多く存在しますあまりに近いDNA同士での子孫を作るのは禁じているのですもし似たDNA同士で子供を作るとこれをCODE4 travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/02/02 20:07】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。