ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「サウンド・オブ・サンダー」
あらすじ…2055年、シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていた。ある日、参加者へツアー最後にセッティングしたパーティーにタイムトラベルの根幹「TAMI」の開発者ソニア・ランド博士(キャサリン・マコーマック)が乱入、ツアーの危険性を指摘する。ツアーの引率者であり、絶滅植動物の復元手段を研究しているライヤー博士は彼女から真相を聞きだすが、危惧する事態はほどなく現実のものとなってしまう。

1.3グラムの「何か」を6500万年前から現代に持ち帰ってしまった事で、
地球の生態系に異変が生じ、地球滅亡の危機に陥るというSFです。

それが何かを突き詰めて、過去に戻そうとするものの、その間にも時間の波が地球を何度も襲いかかり、動植物が異常に進化していく・・。
その時間の波が人間の生態系に及ぶのもあとわずかと迫って行きます。

なるほど・・おおよその観賞者の感想による「CGにがっかり」というのはうなずける所です。
例えば、冒頭の恐竜と対峙する場面、恐竜が倒れて沈んでいく位置と、旅行者たちの目線がずれている所からして気になりましたし、
人物が歩く街中のショットでは、まだまだCGが発達していなかった頃の映画さながら人物とバックがしっくりと合っておらず違和感がありました。
今の技術をもってすれば克服できた事のように思うのですが、資金を削ってしまったのでしょうか・・。
予告編ではバックスタイルしか映らなかった「恐竜(?)」。
正面から見た姿はこんなだったのかと創造性豊かなCGもあっただけに勿体無いと思う意見が多いと思います。

けれどストーリー展開は結構楽しめました。
1.3gのあるものを持ち帰ってしまったばかりに、刻々と変化・・ある意味進化でもあり退化でもあるのですが・・・していくその「時間の波」というものが面白いです。
出尽くした感のあるタイムトラベルものですが、
この生態系を変えてしまうという、ありがちなのに使われていなかったスタイルと、
持ち帰ってしまった物を元に戻すというコンセプトはいままで一番シンプルでストレートな着想です。

いろいろと突っ込む所がありそうと思いましたが、そんなに斜め視線で身構える程ではなかったと感じます。

創造性の高い作品だとCGに委ねる比率がぐっと高くなってしまう分、
質の高さを求められるし、観る側もだいぶ目が肥えてきてしまってるので、期待を持って観てしまうとがっかりになってしまうでしょう。
ただ後半になるに従い、目が慣れてくるというか(笑)
ストーリーの方に気持ちが入っていくので冒頭ほどは気にならなくなって来ます。

「努力賞」・・・ってところでしょうか。

20060413180002.jpg



公式サイト  http://www.sot-movie.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

50年前の原作を今さら映像化する必要があったか聞かれれば?な感じもしないでもないです。でも設定などは面白い点があるので、それなりに楽しめましたけど。一度はお蔵入りになったのもうなずけはします。もう少し有名どころの俳優を使っていればよかったかも。前半のワクワクドキドキ感が後半尻すぼみになったのもマイナス点ですかね。
【2006/04/13 20:20】 URL | 二純 #- [ 編集]


何年前の原作とかいうのはあまり気にならなかったのですがストーリーに入り込む前まではどうしてもCGに気を撮られてしまうのでもうちょっと頑張って欲しかったです。あたしは後半の方が良かったです。
【2006/04/14 21:44】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/183-88573d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。