ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「SAW(ソウ)」
最近とんと緊張するスリラー映画と出逢ってなかったのだけれど、「ソウ」が久しぶりにこの緊張感を持たせてくれました。

あらすじ…老朽化したバスルーム。鎖に繋がれた対角線上の男2人。2人の間には自殺死体。
部屋には新品の時計が据え付けてあり、ポケットの中のカセットテープが「6時までに相手を殺せ」と男に言う。


目が覚めた時には全く理解出来ない状況下にいるシチュエーションは「CUBE」を思い出させたし、諭しのあるいくつかの殺人事件の様は「セブン」を思い出させました。そんな風に感じた後、公式HPを観たらこの映画は全米で「CUBE MEET SEVEN」と噂されたのだとか。やっぱりね・・・。

「CUBE」の不条理の世界と「SEVEN」の事件性が融合した巧みな脚本でラストまで一気に見せてくれました。

(ここから先ネタバレあり)

あそこまで数々の死に追い込むまでの過程が完璧に近いのに、最後姿を現してあっけなく殺されてしまうのが、なんだかなあ・・という思いだったのですが、その一瞬の裏切りを見事に覆してくれました。
「SEVEN」にしてもこういうスリラーは『救いの無いラスト』で終わるのがより観る側に重苦しさとともに強い印象を残します。まさにこの「ソウ」もその形をとって成功しています。

当初2004・10・1に全米公開予定だったのが規制問題で公開バージョンを撮り直し30日間公開が遅れました。東京国際ファンタスティック映画際では全米中止バージョンが公開されましたが、当然日本公開はこの一度きりでした。

全米中止バージョン観たかったな・・・

saw1.jpg



公式サイト  http://sawmovie.jp/






スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント
全米中止バージョン!!
こんばんは!v-16です~
aiさんの ブログ 過去からじっくり 少しつづ観ていこうかなと思って古い映画記事から 拝見させていただいています!
この作品は いろんな意味で完璧に完成された感じで あまり加えるものや改良する部分はないと思っていたのですが、、さらにハードなバージョンが存在していたんですね(><)キャーー
コブタ観たいのですが、、実際みているときは 顔そむけて 音だけ聞いていることになりそうです。。。
【2006/07/06 10:28】 URL | コブタです #- [ 編集]

嬉しすぎ♪
過去に遡って読んでもらえるなんて本当に嬉しいです!ありがとうございます。
あたしもコブタさんのブログあ行から覗いているところだったんですよ!以前のフォームではTB出来なくて残念だったんですけど、こちらも少しずつ読ませてもらいます(^_^)

そうなんです。「SAW」の全米中止バージョンは知る人ぞ知る幻のバージョンなんですよね。
グロテスクだったのだろう・・と察しは付きますが観て見たかったです。
ホラーは好きなジャンルなんですけど納得出来る作品は案外少なくて、この「SAW」その中でも数少ない納得作品でした。
【2006/07/06 21:14】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/18-f68a26b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

●ソウ(SAW)

今日はオオブタさんとSAW2を見に行ってきますので 「SAW」の話を今日はしたいと思います。いま着々とジャンルを確率してきているソリッドスリラーの頂点ともいえるこの映画、評判通り凄かったです。連続殺人犯はジ コブタの視線【2006/07/06 10:23】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。