ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「単騎、千里を走る。」
あらすじ・・・長年絶縁状態だった息子健一の嫁理恵(寺島しのぶ)から重病で入院している事を聞き会いに行く高田(高倉健)だったが、健一に会う事を拒絶される。そして数日後息子が癌であることを知り、
余命いくばくもない民俗学者の息子の代わりに、仮面劇「単騎、千里を走る。」を撮影しに、中国の奥地・雲南省麗江市を訪れる。


この作品、東宝が製作協力をしてはいますが「邦画」とは言えないようです。監督はチャン・イーモウ、中国人です。
監督は高倉健の大ファンであり、この作品を作ったそう。
確かに、この「高田」という人物は素の高倉健を魅力的に引き出し、
言葉少ない中に、人間味の奥行きや、孤独感を溢れさせています。

高田は息子を傷つけた事を心から詫びたいのに、
ぶっきらぼうな性格が災いして親子で話し合う機会を逸してしまっていました。
そんな冒頭から始まったもので高田と息子、健一の親子関係の再生ストーリーと思っていたのですがちょっと違っていました。

息子健一との10年に及ぶ確執の動機については
案外サラリと語られるに過ぎません。
高田は息子に面と向かって言えない言葉の変わりに自分に何ができるか・・と息子の研究し、撮影に至らなかったという仮面劇を撮りに中国にわたる事を決意するのです。
その旅の過程・・人との出会いの中で希望を見出そうとする、それがこの作品のテーマなのでした。

高田と健一の親子の再生が叶わぬまま終わる一方で
高田は中国人のひとつの親子を結びつける役割を果たす事になります。

自分の真の目的が一体なんなのかわからなくなっても
最後に見えた一つの親子の再生が高田自身をも救う事になったのですね。

登場は無いまま声だけで出演の中井貴一。
彼が手紙を読む下りは、気持ちが本当にこもっていて涙を誘います。
これだけで彼の技量がわかります。流石です。

淡々としたストーリー、とても静かな作品です。
けれど地味とは言いたくないのです。
思わぬ方向に進むに従って逆に引き込まれていきます。
中国、麗江の壮大な風景と相まってなんとも印象深い作品です。

健さんファンならずともこのしっとりとした映画の世界には酔えると思います。

tankisenri.jpg



公式サイト  http://www.tanki-senri.com/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

単に父子の問題だけでなく「人間愛」や「いかに生きるべきか」という問題について深く考えさせられたような気もします。だけど、子供にはこの映画の良さは分かり難いかも。人生経験を積んだ人が楽しめる名作ではないでしょうか。
【2006/02/25 18:08】 URL | ニ純 #- [ 編集]


熟年層にこそ訴えかけるものが大きい作品ですね。じんわりとくる優しさと高倉健の静かな演技がマッチして成功したようです。
【2006/03/02 22:01】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/167-0b962b86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

単騎 千里を走る 千里走單騎 Qian li zou dan ji

高倉健主演 チャン・イーモウ監督・製作・脚本漁師 高田剛一は義理の娘より 息子健一が癌であることを告げられる父と息子は十年以上 疎遠になっており健一は父との面会を拒否する剛一は一本のビデオテープを渡されたその中に健一の想いが込められていました健一は雲南省 travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/02/26 17:40】

★「単騎、千里を走る。」

ひらりん的には「高倉健の初・劇場鑑賞」です。すっごい数の映画に出演してたんですね。おん年○○才の健さんは凄かったっ。 ひらりん的映画ブログ【2006/03/02 23:11】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。