ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ランド・オブ・ザ・デッド」
あらすじ…ウィルスの繁殖なのか死人が蘇り生者を襲って人肉を喰らうようになった。金持ち階級の人間たちはゾンビが入ってこないよう川に挟まれた地形を生かし、まるで要塞のような小都市で暮らしていた。中心には、フィドラーズ・グリーンと呼ばれる超高層タワーがそびえ建ち、そのペントハウスからカウフマン(デニス・ホッパー)が、この地を統治していた。強力な装甲車デッド・リコニング(死の報い)号を駆使する傭兵グループの一人ライリー(サイモン・ベイカー)、彼の右腕チョロ(ジョン・レグイザモ)、ライリーの良き理解者チャーリー(ロバート・ジョイ)らはゾンビ都市から物資を運ぶ仕事を請け負っていた。しかしフィドラーズで裕福な生活を望むチョロがカウフマンを脅し・・・。

ゾンビものはホラージャンルでは廃れないですね。
リメイクもあれば、新しい形のゾンビを作り出されたりもします。

「ドーン・オブ・ザ・デッド」(タイトル似過ぎです)では全力疾走で走ってくるゾンビでした。
それは今までに無いゾンビで新鮮だったものの、やっぱり動きが俊敏なゾンビはあまりに不自然でした。
本作のゾンビは「学習能力」を持ち、リーダーがいたりなんかするわけで、これまた新しいゾンビ映画の登場。

けれど残念ながら発想倒れ。
「バイオハザード」や「ドーン・オブ・ザ・デッド」では
ゲーム性もあったので主人公のサバイバルというそれなりの生き残る必死さがありました。
でも今作の主人公以下もろもろの人達にその生きるか喰われるかの切迫感がありません。
生存者が一区画に集団生活して生き延びるなんて言うのは今までに
使い古された形ですし。

↓ネタバレしちゃいますが
ゾンビたちがさまよってるのを見て
「彼らも居場所を探してるんだ、俺達と同じでね」
なんて言って放っておくラストなんて、
じゃあ今まではなんだったの?って事になっちゃいませんか?

ゾンビたちとの死闘が主題では無く
奪われた装甲車を仲間から奪還するのが主人公の目的。
なんだか視点がちょっとズレてます。
上層階級と貧困層の対立も中途半端な描き方。

じゃあスプラッター映像が斬新だったかというとなんだかありふれた感じ。

ゾンビもの・・見慣れちゃったのでしょうかね。

20060215223319.jpg



公式サイト  http://www.lotd-movie.jp/top.html
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

これはあまりお気に召さなかったようですね。個人的には社会派ホラー監督の名に恥じない出来になっていたと思います。むしろ老いてなお研ぎ澄まされたロメロ監督に冷たく鋭いモラリストの視線がかいま見れたと思っています。
【2006/02/18 19:13】 URL | ニ純 #- [ 編集]


そうですね。これは自分的には不発でした。いつも監督を意識しないで観てしまうので、深く洞察しないまま観賞してしまいましたが。
【2006/02/18 21:27】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/165-14e8e4d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ランド・オブ・ザ・デッド LAND OF THE DEAD

ジョージ・A・ロメロ監督・脚本 ホラー映画ジョージ・A・ロメロのゾンビ映画例によってゾンビが次から次へと出てくるそろそろ ゾンビ映画も種が尽きたかな?ゾンビの被害から あやうく生き残った人間は要塞都市に暮らすようになる ここでは権力者が牛耳り貧富の差によ travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/02/16 03:24】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。