ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「子ぎつねヘレン」
あらすじ…春の北海道で、東京からやって来た少年・太一(深澤嵐)は、1匹の子ぎつねに出会う。太一は母親とはぐれた子ぎつねを、放っておくことはできなかった。子ぎつねの姿に、母親・律子(松雪泰子)が仕事で忙しく、いつもひとりぼっちで淋しい思いをしている自分を重ね合わせたのだ。
太一は森の動物診療所に子ぎつねを連れ帰り、診療所の獣医・矢島(大沢たかお)に診せる。子ぎつねの目と耳が不自由なことに気づいた矢島の「まるでヘレン・ケラーだ」というひと言から、太一は子ぎつねに“ヘレン”と名をつけ一生懸命に育て始める。


太一は母の仕事の忙しさゆえ、一足先に母の恋人の家に引っ越していく事になります。
殆どよく知らない矢島の家に一人来た太一もとまどいますが、
突然住み付きはじめた太一に矢島も娘、美鈴(小林涼子)も戸惑いを隠しきれません。

そんな時に太一は後にヘレンと名づける耳も目も不自由な子ぎつねと出会うのでした。
少年は「サリバン」としてヘレンに対し色々な事を教え込もうと努力をしていきます。
けれどヘレンには病気がある事がわかり余命も短い事を知る事になるのです。

限られた命でもその命を守ろうとする太一少年。
知らないのなら教えてあげようとする少年の純粋な気持ちが優しさに溢れています。
「ヘレンは僕と似てるから・・・」
母を求める気持ちを抑えている想いをヘレンと共有することで
ヘレンの信頼を得てゆく流れはある意味とても切ないです。

ヘレンはとにかく愛らしくて癒されます。
矢島や娘との心の触れ合いも最低限で描かれているとは思います。
けれど、この作品が「家族の再生」を描いているという点では少し疑問が。

太一の母に対しての想いが母にきちんと届き、親子の絆が深まったのかというとそうでもないし、
「矢島と娘」対「律子」の関係がもともと希薄でそれぞれの葛藤も描きこまれておらず、「再生」を描いているというのにはちょっと無理があります。

それは大人の映画として観ようとするからなのかもしれませんが・・・。
児童書としてこの作品を捕らえるならば
「命の大切さ」と「生きる事の素晴らしさ」を幼い子供達に伝える手段として充分役割は果たしているとは感じます。

親子で観て、子供が何を感じたかを是非聞いてあげて欲しいです。

20060204223642.jpg


公式サイト  http://www.helen-movie.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

命の大切さを動物を使って描く作品はあまり好きじゃないですね。もっと人間自身、自分自身を見つめ直せない時代にきているのでしょうか。映画の要素としてはいいかもしれませんが、子供騙しなら観る価値はないかも。辛口ですいません。
【2006/02/04 23:48】 URL | ニ純 #- [ 編集]


短い命のヘレンの為に自分に何ができるかと自問自答して答えを出し行動する姿や、ハンディがあっても必死で生き抜こうとするヘレンの姿は子供達に見せてあげたいものだと思います。
ただ、大人同士の気持ちの動きは子供が見て難しい要素。ならば思いきってこの部分は切り捨てても良かったように思うんですよね。
【2006/02/05 08:26】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/162-7dcc2959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。