ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ポーラ・エクスプレス」
あらすじ…真夜中まであと5分――。時計の針が11時55分を指した、その時、轟音と共に黒光りする巨大な蒸気機関車が少年の家の前まで来ると、ぴたりと停まった。北極点行きの急行「ポーラー・エクスプレス」、「キミも、一緒に来るかい?」と車掌が問う。たじろぐ少年だったが、機関車が動きはじめた時思わず飛び乗る。
車内にはいた大勢の仲間がいて、知ったかぶりをする男の子、何かを言いかけてはやめてしまう女の子もいる。
最後に乗り込んできた男の子は、ずっと黙り込んだままだ。
そして彼らと共に旅が始まった。


今観るのは季節外れですか?
いえいえXmasを先取りです♪(^_^)

公開時から観たいと思っていた作品でした。
<トム・ハンクスが5役をやる>と知った時、これは声優としてとばかり思っていたので、少年の声までやるんだ~と
それは必見だなって思っていたわけです。

けれど実際は声を担当しているのではなく配役として「演技」をしているのが5役だったのでした。
この作品は【パフォーマンス・キャプチャー】という技法がとられており(確かディズニーも白雪姫などで使っていたと思います)
アニメーションのように見えますが、実際に人間が演技をしそれを加工しているんです。
それはよりリアルな描写が実現できるというもの。

そう言うわけでトム・ハンクスは主人公の8歳の少年から車掌、放浪者のゴースト、少年の父親、サンタクロースの5役を実際に演じているわけです。
彼はこの演技の切り換えをするために、靴だけを替えて演じたそうです。これはすごいですね。
少年が機関車に飛び乗ろうとする時のちょっとの躊躇のしぐさなど、あの微妙な動きは彼だからこそと改めて納得できます。

サンタクロースはいないのでは・・と思いはじめた思春期の入り口の少年。
聞こえない鈴の音。
この少年の心は大人になった誰もが共感できます。
だからこそなのか、主人公も、少女も名前は出ててきません。
原作からそうなのだと思いますが、これはヒーロー・ボーイもヒーロー・ガールもきみでもあるし、あなたでもあるんだよ広くとらえているからなのでは。

「目に見えないものにこそ真実がある」
この車掌の言葉は好きですね。
星の王子様が「大切なものは目に見えないんだよ」と言ったように・・。

実写のリアル感とアニメーションのフィクション感が相まって、
そのままリアルでありながらファンタジーの世界になっており
映像に引きこまれました。

たった29ページの原作が2時間に及ぶ長編として映像化された事にも驚きですが、この世界を作ったゼメキスやトムは大人。
そんな大人達が子供の心に返って夢溢れる作品が作り出された事に拍手したいです。

20060203153159.jpg

p.jpg



公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/polarexpress/html/movie_castcrew.html?dl=01b
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

「大切なのは行く先じゃない。その汽車に乗ろうと思う事が大事なんだ」といメセッジーが人生に指針になった方もいるのでは。大人になっても夢見る気持ちを忘れずに持ち続けることの大切さを教えてくれるような素晴らしい作品ですね。
【2006/02/03 18:37】 URL | ニ純 #- [ 編集]


その言葉のシーンではグッと来ました。
大人にこそ訴えかけるものが大きい作品と言えるかもしれません。
【2006/02/03 21:56】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/161-8b0ecbec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。