ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「レジェンド・オブ・ゾロ」
あらすじ…カリフォルニアがアメリカ合衆国31番目の州となろうとしていた1850年。民衆の自由獲得を機に引退し、アレハンドロに戻ることを妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)と約束していたゾロ(アントニオ・バンデラス)だったが、もうすこし引退を延ばすと言ったことから大ゲンカになり別居するハメに。その後エレナがアルマン伯爵(ルーファス・シーウェル)といい仲になっていることを知り苦悶するのだが、伯爵の正体が秘密結社のリーダーだと気付き・・・。

前作から7年が過ぎているとは思えないほどゾロ(アントニオ・バンデランスは46才)もエレナも変わらない風貌に拍手です。
<続編は前作を越えるスケールで・・>とは良く使われる言葉ですが、
今作はその言葉通り前作を上回るアクション満載でエネルギッシュ。

馬のトルネードや、息子のホアキン(アドリアン・アロンソ)が笑いを誘い、ちょっとダメ男になりそうなアレハンドロが観れちゃったりもします。
そう・・ヒーローものにこんなエピソードは本当は要らない所なんですが、今回はこれが重要な要素になっている所がミソですね。
「家族」と「正義」の狭間で悩むゾロは、最近のヒーロー者に多い「悩めるヒーロー」でもあるわけです。

父の本当の姿を知らない息子ホアキンはゾロにゾッコン。
ゾロのマネをするその軽やかな身のこなしとヤンチャぶりは「カエルの子はカエル」です。
馬に乗ってしまうシーンがあって、ありえない事とは思いながらも彼なら出来そう・・なんて思っちゃいました。

前作「マスク・オブ・ゾロ」でディエゴ(アンソニー・ホプキンス)からアレハンドロにその《ゾロ》が受け継がれ、
後にアレハンドロから息子ホアキンに《ゾロ》はまた受け継がれて行くのでしょう。
そうして『正義は受け継がれていくものなのだ』という事を前作と本作を通してスピルバーグは語りたいのでないでしょうか。

アメリカの31番目の州になるという歴史的背景がリアリティを持たせており現実的な部分と創作的な部分の調和もいいです。
観終わった後にすっきりという作品は最近ありそうであまりなかったかも。
誰と観ても楽しめるこういう作品は好きです。

20060130215155.jpg



公式サイト  http://www.zorro-movie.com/ 
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

スピルバーグが絡んでいるので、「インディ・ジョーンズ」を思い出すような痛快アクションが良かったですね。随所の小ネタも笑いを誘い楽しめるのもいいですね。
【2006/01/30 22:31】 URL | ニ純 #- [ 編集]


そうそう、トルネードがトンネル前で目をむく所とか思わず笑っちゃいました。
【2006/02/03 10:17】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/159-7a238a06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レジェンド・オブ・ゾロ THE LEGEND OF ZORRO

アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼタ・ジョーンズ主演カルフォルニアが連邦国家アメリカの31番目の州になるちょっと前前作マスク・オブ・ゾロ THE MASK OF ZORRO の続編ですアレハンドロと妻エレーナの関係は前作でお判りだと思いますが亡き兄の名前を付けた息子ホア travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/01/31 09:23】

★「レジェンド・オブ・ゾロ」

アントニオ・バンデラスとキャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演。「マスク・オブ・ゾロ」(1998)の続編。 ひらりん的映画ブログ【2006/02/02 23:41】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。