ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「隣人13号」
あらすじ…かつていじめられっ子だった村崎十三は、一見穏やかな青年に成長して、建築現場の仕事に就き、とあるボロアパートに引っ越してくる。だが、彼のカラダには凶暴な別人格“13号”が巣食っており、怒りの沸騰と共に顔を出す。そして少年時代の自分をいじめた赤井トールへ、10年越しの壮絶な復習を仕掛けるのだった。しかし、その凶暴性は徐々に増していき、ようやく事の重大さに気付いた十三は、なんとか“13号”を抑えようとするが、もはや自分の力ではコントロールすることは出来なくなっていた…。

井上三太氏のコミックを映画化したサイコ・サスペンスです。

コミックが実写映画化されるとその世界観が崩れてファンはガッカリさせられる事が多いです。でもこのコミックを読んではいませんが
この映画化はコミックファンを納得させたのではないでしょうか。

内気で穏やかな青年を小栗旬、彼の別人格13号を中村獅童と
一役を二人が演じると言う今までにないプロットは圧巻です。
従来の二重人格を一人が演じる場合、
俳優の技量が問われ、人格の変化にうまく見るものがついて行かない場合もあったりして来ました。
けれどこの別人格を別の俳優が演じることによって
今の人格がはっきりとわかる点のよさだけでなく、
別人格を押さえ込もうとする元の人格の戸惑いの心理も読みとれて
この手法を絶賛したいです。

今回その成功はもちろん小栗旬と中村獅童の演技力の高さによる所が大きいのは言うまでもありませんが。
13号に人格を乗っ取られ、始めは自分の無意識のうちに・・
いつしか意識の中で13号を見ているという難しい役どころをこなした小栗旬は人気だけじゃない実力を見せてくれたし、
中村獅童の狂気の様は観るものを圧倒し寄せ付けないほどの迫力でした。
二人の代表作に推したいくらいです。

子供の頃にあったいじめから別人格が生まれ、
その人格が復讐の標的ではないところでも狂気に暴走して行く・・・
野っぱら小屋の中での二人は心理を巧みに表現していて上手いですね。

ラストに至ってはすでに自分が13号に感情移入してしまっていて
<何故ひと思いに殺さないんだ!><そいつを殺さなくちゃ今までの殺人が無駄になる>などと思ってしまいました。
いつのまにかそんな風に思わせる・・なんて怖い作品なのでしょう。

誰にでも心に巣食う狂気を持っています。
上手くコントロールできているだけ。
じゃあ、もしコントロールできなくなってしまったら?・・・・
そんな事態に陥る事件に自分が遭遇していない事を
感謝した方がいいかもしれません・・・・。

20060127223951.jpg



公式サイト  http://www.rinjin13.com/index.html
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

早速の観賞嬉しく思っています。ネオ・サイコ・サスペンスなんて言い方をしているようですが、ちょっと変わった人間ドラマとして個人適には捉えてします。いざ自分にも当てはまるものも感じたので新鮮味がよかったです。
【2006/01/27 23:32】 URL | ニ純 #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/158-52419bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。