ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ホテル・ルワンダ」
―たった一人のホテル支配人が1200人を大虐殺から救った物語。

この作品の公開に至っては「ホテル・ルワンダ」日本公開を応援する会(旧 「ホテル・ルワンダ」日本公開を求める会)が力を注ぎ現在に至りました。
私は日本公開は無いと言われていた頃からなんとか観たいと思っていた一人です。素晴らしい作品を日本に招致してくださった会に感謝します。

あらすじ…1994年、多数派のフツ族と少数派のツチ族が長年争ってきたルワンダでは、3年間続いた内戦がようやく終息し、和平協定が結ばれようとしていた。。ところがフツ族大統領がツチ族に殺され、フツ族の民兵グループが一気に凶暴化。ルワンダの首都ギガリの高級ホテル、ミル・コリンで働くポール(ドン・チードル)は自分の家族を守る事だけを考えていた。しかも妻はツチ族なのだ。しかしホテルには多くの避難民が押しかけてくるようになり・・・

このルワンダ大虐殺が1994年という現代に起こっていた事実にまずは驚愕します。
民族が違うと言う事だけで同じ国の者が異民族をまるで椰子の実を割るかのように簡単にナタを振り上げて殺すのです・・・。
道は虐殺された人の死体で塞がれ車が通る事も出来ません。

こんな惨状が自分が平和に暮らしている地球の裏側で起きていた事に胸が痛みます。

はじめは家族だけを守ろうとした男が、隣人、孤児を目の当たりにし、次第に彼を信頼して集まってくる人々を虐殺から守ろうと決意していきます。
それはまさにヒーローなのですが、彼はヒーローなりたかったわけではありません。

隣国のヨーロッパ諸国に見放され、国連兵士さえも撤退していく中で守らなければならないものが彼にははっきりと見えたからなのだと思います。

「あの虐殺の事実が放送されればきっと助けに来てくれる。」と言うポールに、
「いや、隣国たちは<まあ、かわいそうね>と言いながらニュースを見ながら食卓を囲むだけだよ」と取材スタッフが吐露する場面は苦しいです。

この恥をヨーロッパ諸国は今改めて知るべきです。
いえ、ヨーロッパ諸国だけではなく、世界の人々が心しなければいけない恥です。

表だって名前を連ねていないのにビッグネームの俳優陣が脇役として出演している事にもこの作品への賛同を感じます。
決して「感動して下さい!」という押し付け的な描き方ではなく、
「何かを感じて欲しい」という想いが伝わって来ます。
それがいい・・・。

『アビエイター』『ミリオンダラー・ベイビー』などと並び2004年度アカデミー賞の主要3部門(脚本賞、主演男優賞、助演女優賞)にノミネートされたこの作品を知らない人はまだまだ多いでしょう。
アカデミー賞にノミノートされたからではなく、今を平和に生きる人々が人間の尊厳を今一度考え直すために一人でも多くの方に観賞して欲しいと切に思います。

20060120162946.jpg



公式サイト  http://www.hotelrwanda.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

民族が違うだけで殺すことの愚かさ、そして主人公のように民族を超えて大勢の命を助けようとする勇気、全く違う人間性を両方から描いて色々考えさせられました。悔いて恥じる前に、現状を認識する力を養わねば同じ事が繰り返される。目を背けてはいけないですね。
【2006/01/20 18:34】 URL | メメント #- [ 編集]


HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!
【2006/02/01 06:38】 URL | サガミ #JalddpaA [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/152-6e8aa8bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホテル・ルワンダ HOTEL RWANDA

ドン・チードル主演1994年に起こった ルワンダの大虐殺を描く実話を基にした映画約80万人が虐殺されたと言うルワンダその中で 外国人向け一流ホテルの支配人ポールが多くの難民をホテル内に隠し命を救った虐殺が起こったのは国内の人種問題でした ルワンダは大多数を占め travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/01/20 20:11】

ホテル・ルワンダ /HOTEL RWANDA

必見です。。。。{/ee_3/}          今から約10年前の1994年4月~7月にかけて、“千の丘の国”と呼ばれるアフリカの内陸国、ルワンダ共和国で、80万人もの罪のないツチ族がフツ族たちによって虐殺された。 1994年4月6日、ルワンダ キガリ空港上空で大統領の飛行機 我想一個人映画美的女人blog【2006/01/25 12:55】

「ホテル・ルワンダ」

「売れそうにないから」との理由で日本公開が見送られ、熱狂的ファンの署名活動により、ようやく公開になったこの映画。あなたの思いを語ってください。 共通テーマ【2006/01/26 18:05】

★「ホテル・ルワンダ」

当初、日本では公開予定がなかったのに・・・署名運動で公開にこぎつけた・・・って話の映画だよね。主演もドン・チードルだし・・・実話らしいし・・・チネチッタのポイント貯まってるし・・・観てみる事に。 ひらりん的映画ブログ【2006/02/02 23:41】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。