ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ」
あらすじ…母親が浴室で手首を切って自殺して以来、心を閉ざした9歳のエミリー(ダコタ・ファニング)。心理学者の父デビッド(ロバート・デニーロ)は娘の心を癒そうとニューヨーク郊外への引っ越しを決意する。しかしエミリーはそこでも誰にも心を開くことはなかった。そして見えない友達「チャーリー」とだけ遊ぶようになる。戸惑いながらも、エミリーの空想を静観することにしたデビッドだが、深夜、浴室での物音に気づいたデビッドは、そこにクレヨンで殴り書きされた「彼女を殺したのはお前だ」の文字を見つける。エミリーの仕業に違いないとエミリーを問いただすと、返って来た言葉は「チャーリーがやった」だった・・。

見えない空想のチャーリーと遊ぶエミリー。
「彼の事は話せ無いの・・・彼が怒るから・・・・。」と不気味な事を言い続ける娘を、娘への愛情でなんとか母の死の呪縛から解放させようとする父デビット。
前半を観ている段階ではあまり目新しい物を感じませんが、
後半一気にサスペンス色が強くなり、何も無いように感じる前半に
伏線だらけだった事を知ります。

その手法は「アザーズ」を思い起こしました。
最終的には「サイコ」に繋がるものもあり、新しい感覚の作品のようで実はシンプルで古典的作品と言えるでしょう。

けれど、そこはデニーロとダコタ嬢。ふたりの役作りの上手さで見せてくれます。
ダコタ嬢の強烈なインパクトは名優デニーロに負けず劣らずで、スリラーでもいける事をしっかり証明してくれました。
げっそりやつれ顔のエミリーはホント不気味です。

おどろおどろしい怖さで無く、心にもたげて来る鬱陶しい感覚。
恐る恐る扉を開けて中を覗きこむ感じで観賞するのがいい作品です。

ネタバレしてしまうと全く面白く無い物になってしまうので
それだけはご注意を。

20060117222323.jpg



公式サイト  http://www.foxjapan.com/movies/hideandseek/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

この内容でこのキャストは贅沢です。ちっとも感動なんてしませんでした。完全に前フリで騙されたパターンです。
【2006/01/18 12:20】 URL | メメント #- [ 編集]


全く同感です。感動??どこで??って感じですね(^_^;)でもどんでん返しにはまったく気付かなかったのでその見せ方は上手かったです。ただ終わり方はいつものパターンでしたね。
【2006/01/20 15:09】 URL | ai #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/151-35d7be37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。