ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「コーラス」
あらすじ…世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。彼の家に古い友人のペピノが「いつか形見として渡したかったんだ」と一冊の日記を持って来る。・・・時間は1949年のフランスに遡る。問題児が集まる寄宿舎「池の底」へ、舎監としてマチュー(ジェラール・ジュニョ)が赴任した。手のつけられない子供達だと、体罰で規律を保とうとする校長に疑問を持ったマチューは歌を取り入れて少年達の心を開こうと模索する。合唱団を作った彼はある日、学校一の問題児、ピエール(ジャン=バティスト・モニエ)の美声に驚嘆する。

親とは月に2度しか面会できない寄宿学校。その寂しさからすさんだ少年たちはいたずらや喧嘩で気持ちをぶつけるしかありませんでした。
しかし、「やられたらやり返せ」の方針で校長や教師たちは少年達に厳しく処罰を与えるだけ。
そこに心を潤わせるものは無かったのです。
中でもピエールは問題行動で反省室に入れられてばかり。

マチューが合唱団を作って教室で歌い始めた時もピエールは処罰による奉仕仕事を続けている時でした。
歌に興味を持ったピエールは隠れて歌を歌う様になります。
そして、その歌声をマチューは聞いた途端、彼の才能を確信するのでした。

ピエールがマチューの前で独唱した時、そのシーンは感動シーンでも何でも無いのに、涙が溢れそうになりました。
ジャン=バティスト・モニエは実際サン・マルク少年少女合唱団の一員だったのですが、「合唱団なのだから上手いのは当然」という思いを通り越して、その美しい歌声に感動してしまったのです。
まっすぐにマチューを見据えて歌うピエールのまなざしにも惹き付けられました。

問題児だけれど心寂しい少年達と、歌を彼らに教え「喜び」を与えたマチュー。言葉じゃない音楽を通じての心の絆。
その温かさが観ている者の心に流れて来るようです。

そしてペピノが「いつか形見として渡したかったんだ」と、マチューの日記を持っていた理由が、ラストにわかる・・・そのなんともいえない幸福感の余韻が大好きです。

この作品ははじめ観る予定の無かった作品ですが、映画を多く観ている友人が絶賛していて観たくなった作品です。
その通り素晴らしかったです。
なかなか自分からは進んで観ないような作品に、えてして名作が多く隠れている事を知ります。
そういう意味で「自分が観た作品を人がどう感想を持ったか」というだけでなく、自分が観ていない映画鑑賞日記を読む事は
とても大事な事だと改めて感じました。

Choristes.jpg



参考サイト  http://www.herald.co.jp/official/chorus/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

ユーモア溢れる場面とさりげない出演者たちの爽やかな演技が嫌味なく素直に感情を表現しているから、退屈したり、飽きることなく、観る者を暖かくさせてくれているんですね。
【2006/01/11 22:06】 URL | メメント #- [ 編集]


マチュー先生がピエール君のお母さんに告白しそうになったとき
逆に告白されて・・・・・

あのシーンって結構この映画のマチュー先生の人柄が出てて 良かったです♪
【2006/01/16 01:14】 URL | yuu #pPot321I [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/148-8cf9d0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コーラス LES CHORISTES

ジェラール・ジュニョー主演、ジャック・ペラン製作・出演フランス映画ニューヨークの楽屋のモランジュ(ジャック・ペラン)に母の訃報が届く第二次世界大戦が終わり間もない 故郷のフランス、オーベルニュに帰るそこで同じ寄宿学校(池の底 Le fond de l’etang 何と言う travelyuu とらべるゆう MOVIE【2006/01/11 22:04】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。