ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「インファナル・アフェア3 終曲無間」
あらすじ…潜入警官のヤン(トニー・レオン)が殉職し10ヶ月。警官として生きる決意をしたラウ(アンディ・ラウ)は一時的に庶務課へ移動となる。その間ラウは、警察内に残る潜入マフィアを自らの手で始末してきた。そしてエリート警官ヨン(レオン・ライ)が過去にサムの商売相手だった本土の闇組織のボス、シェン(チェン・ダオミン)と接触していたことを知ったラウは、ヨンを潜入マフィアと確信する。
内務調査課へ復帰したラウはその身辺を極秘に調査し始めるのだった…。


3部作の最終章。
この作品が如何に緻密に脚本が作られ、練られた作品なのだと言う事をこの3作目を観て改めて感じます。
1作目にも2作目にも、本作に繋がる部分があり、前作2作を観ずしてこの3作目は観れないし、観れたとしてもこの作品の世界観に決して近づく事は出来ないでしょう。

ヤンが殉職したことで、自ら警察官として生きる事を決意したラウでしたが、たとえ潜入マフィアを1人1人消して言っても己の過去を消し去る事は出来ませんでした。
ヤンの生前の生き様を知り、生と死のギリギリの淵に立たされていようとも「警官」としての誇りを持って生きられたヤンに対して、
正しく生きようにも自分の運命の重荷にどんどん精神的に追い込まれていくラウ。
正義に生きようとした潜入マフィアの最期はあまりに壮絶です。

ボスの妻マリーを愛した事で、潜入マフィアになる決意をしたラウですから、彼の今作の苦悩が2作目の「無間序曲」があってこそ生きています。
愛する人に導かれた運命に翻弄され、今作ではその愛にも終止符が打たれるのが悲しいです。

新たな2人の癖のある人物の登場が「終曲無間」を1作目にたぐわないサスペンスに盛り立てました。レオン・ライの冷たいインテリ警官、チェン・ダオミンの不気味な闇組織のボス。二人とも存在感もあり印象的です。

3作を繋げて初めて見えてくる些細なパーツ同士の融合。
1作目があまりに完成されていたので2作目には多少不満が残ったのですが、やはり3作で一つの完全版だと納得です。

香港映画のレベルの高さを思い知りました。

20051225221547.jpg



公式サイト  http://www.infernal.jp/index_top.shtml
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

1作目があまりにも傑作過ぎて、3作目にくると新鮮味に欠けますが、練り込まれた脚本はやはり一級品です。追いつめられた人間の深層心理とマフィアの渋さが作品全体に漂う作品ですね。
【2005/12/25 23:01】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/143-5ee43886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。