ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ホステージ」
あらすじ…ジェフ・タリー(ブルース・ウィリス)は、ロス市警の敏腕人質解放交渉人だった。しかし一年前の失敗で心に深い傷を負い、交渉人という職を辞したのだった。 ロスを去り小さな町の警察署長となった彼の前に大きな事件が発生。若者3人が金持ちの家の父親、10歳の少年と14歳の姉を人質に立て篭もったのだ。人質交渉は二度とやらないと郡警察にすべてを預けるつもりのタリー。しかし「ある組織」にタリーの妻と娘をさらわれ事態が一変。今すぐにも組織が必要とする機密資料が若者たちが立てこもっている家にあり、その資料が見つかるまでは現場の指揮を取り誰も邸に入れるなと脅される。

若者3人が金持ち宅の高級車を奪おうと邸に侵入するのですが、兄弟が3週間前に知り合ったばかりのマース(ベン・フォスター)に翻弄され、事態がどんどん悪化していきます。
その今の若者にありがちな小さなきっかけが大きな凶悪事件の引き金になって行く点は興味深いのですが、
その3人の行動が稚拙なため、どうも「凶悪事件」対「交渉人」という切迫した臨場感を感じませんでした。

タリーの妻子がさらわれてストーリー展開に深みが増すと思いきや、
「組織」がなんだったのかの解明もなくぼやけたままで終わってしまいます。
人質を解放し、機密資料を取り戻すため彼が邸に単身邸に乗り込むにしても、その前に機密資料は少年が見つけてしまった上
最後には「あの資料は要らなかったの?」状態。

タリーの「人質解放交渉人」としての過去からの再生が深く描かれていたわけでもなく、なんとなく若者の行き過ぎた犯罪を見て、なんとなくタリーのアクションを見たと言うだけのB級作に留まってしまいました。

娘との共演を売りにしないとダメだったのもわかるような・・・。

20051213215447.jpg



参考サイト  http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/hostage/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

落ち目のウィリスにしては、結構楽しめた作品でしたが。あまり深く考えずカッコイイ映像は個人的に○でした。全体的にしっくり来ないのが、ヒットしなかった原因ですね。
【2005/12/13 22:06】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/139-89a8ac81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ホステージ」 schierke【2005/12/19 21:39】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。