ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「バタフライ・エフェクト」
あらすじ…少年時代、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は記憶を喪失する症状が起き、精神科の医師の勧めに従い日記をつけるようになる。エヴァンが13歳の時、ある出来事が原因で幼なじみケイリー(エイミー・スマート)と仲が裂かれる。それはエヴァンと親友、そしてケイリー兄妹とのちょっとしたいたずらがきっかけだったのだが・・・。その時の記憶さえも失って大学生になったエヴァンは、ふと幼い頃の日記を手にとる。すると突然13歳のあの時の記憶が鮮明に蘇った。やがてケイリーのその後の運命を知ったエヴァンは、彼女を救うために過去に遡り運命を変えて行こうとする。

「バタフライ・エフェクト」とは些細な違いが大きな結果の差を生むという外国の理論です。
蝶の羽ばたき程に小さなものというところからきているそうです。

作品を観る前は<危機(死)に直面した恋人を主人公がタイムトラベルを使って何度も過去に戻って救出しようとする>そういう類の冒険物と思っていましたが、
実際はもっと手の込んだサスペンスに仕上がっていました。

過去に戻り、失敗を元に別の行動をとる主人公。
けれど必ず大切な人の誰かが悪い結果になってしまう。
ケイリーを助けるだけではダメなのです。

誰もが幸せな人生を送るためにはどうしたらいいのかと、自分の死を目前にして彼が最後に出した結果・・。
ああ・・なるほど。これが究極の選択なのだと、その選択には確かに切なくなります。
愛する人を守るための最善の策はそれしかないと思えます。

過去に戻った時に、それまでの時間の軸が始めのうちどのように動いているのかわかりづらい点があり、エヴァンが以前と違う行動を取ったのだと気付くのが遅かったりしましたが、予備知識をもって観ていたらこの違和感も解消出来ていたかもしれません。

DVDの特典として別エンディングが2つあります。
やっぱり本編の終わり方が一番いいと感じます。
これで作品の出来がワンランクアップしたと言えるでしょう。
最近『記憶消失』的な作品が多い中で、この作品は独特の世界観を持ち、共感させながら、でも意外性も備えていてとても印象に残る作品です。

20051130225057.jpg



公式サイト  http://www.butterflyeffect.jp/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

ありきたりのサスペンス映画に飽きたらならこの作品はオススメです。斬新なアイディアに着いていくのは難しいかも・・・。DVD特典の別のエンディングも、あれはあれでありだと思います。
【2005/11/30 23:10】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/135-9fd81ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この1~2ヶ月で観た映画

自分では気がつかなかったのですけど1~2ヶ月前後で30本以上みていましたあらためて 何を先月頃から観ていたか思い出してみました思い出せないものもあるようですファイティング・テンプテーションズライド・オア・ダイ13ゴーイング・オン30デンジャラス・ビューティアナコ travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/12/01 09:59】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。