ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「マイ・ボディガード」
あらすじ…過去に対テロ部隊で暗殺任務に明け暮れた為、その罪の意識から酒浸りの日々をおくるジョン・クリーシー(デンゼル・ワシントン)メキシコに住む友人を訪ねたクリーシーは、実業家の一人娘ピタ(ダコタ・ファニング)のボディガードの仕事を紹介される。彼にはうってつけの仕事だったが無邪気な少女の相手は苦痛だった。しかしピタのの無垢な心と触れ合い癒されていくクリーシーだった。そんな折、ピタが誘拐される。クリーシーは必死に食い止めようとするものの敵の銃弾に倒れるのだった。

タイトルからして、ちょっとしたアクションはありでも少女とボディ・ガードのほのぼの系と思って観ましたが、後半は想像もしなかった壮絶な展開に。
デンゼル・ワシントン主演の「トレーニング・デイ」と、ダコタ・ファニング主演の「アップダウン・ガールズ」の雰囲気を足したような作品で、両者のいいところを味付けにした感じでが、パッケージを見てR-15だって思う人は少ないのでは?

友達を求めるピタの無垢な明るさに、心に傷を持ったクリーシーが次第に再生されていきます。
しかしピタが誘拐され殺されたと聞かされた時、クリーシーは一気に復讐マシンへと変貌をしていくのです。
相手は、汚職警官とその汚職警官に守られた誘拐組織。
テロ部隊だった頃の感覚がよみがえり、鮮やかに相手を片付けていきます。
その残忍な殺しぶりにはびっくりなのですが、クリーシーをそこまで追い込んだほどのピタへの想いを想うと胸が熱くなってきます。

ダコタ嬢が出演するとその才能ゆえのオーラに主演俳優も(あのトム・クルーズでさえ)霞むくらいなのですが、デンゼルは彼女に食われる事も無く陰りのある男を見事に演じています。
二人の共演は観る前はしっくりこなかったのですが、とてもいい感じで良かったです。

メキシコは誘拐発生率が世界第3位なんだそうです。
1時間に1件の割で誘拐事件が起こっているのだとか。
日本でも最近はボディ・ガードと言わないまでも、GPS機能の携帯が普及してきて、親が子供に持たすなどその背景は暗くなりました。
子供が一人で登下校することすら不安な昨今は子供を持つ親として憂うばかりです。

20051113220118.jpg



公式サイト  http://www.herald.co.jp/official/man_on_fire/index.shtml
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

とにかくデンゼル・ワシントンが格好よすぎた。観てる内にクライマックスを大体予想出来たが・・・ドラマとアクションもどちらも楽しめる作品として評価したい。ダコタちゃんは相変わらず可愛いし。天才子役ですね。
【2005/11/26 17:00】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/128-e6f40727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。