ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「トロイ」
あらすじ…ギリシャ連合のスパルタとその宿敵トロイの間に無血同盟が結ばれた夜。トロイの王子パリス(オーランド・ブルーム)はスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)を情熱に駆られるまま、非道を承知で自国へ奪い去ってしまう。トロイ侵攻の口実を得たギリシャ王アガメムノン(ブライアン・コックス)は、王妃を奪還するため無敵の戦士アキレス(ブラット・ピット)と千隻もの船団を率いてトロイへと進軍を開始する。

紀元前12世紀の有名な闘い「トロイ戦争」。
その歴史的史実に基づいて映画化された作品です。

アキレスの弱点だった事から名前がつけられた「アキレス腱」、それにまつわるストーリーは知っているようで知らず、
アキレスが最強の戦士だったのにも関わらず女性によって命を落としたのだったとは意外でした。

アキレス腱の「アキレス」は、ギリシャ神話の英雄『アキレウス』のラテン語名です。
ギリシャ神話では、生まれたアキレスを母テティスが冥界のステュクス河に頭から彼の全身を浸し不死身にするのですが、その時、母がかかとつかんでいたためその部分だけ浸すことが出来ず、そこがアキレスの急所となってしまったとされています。
ストーリーの中で敵のパリス王子にかかとを矢で射られて死んでしまうという話はフィクションではなくギリシャ神話に忠実に描かれているようですね。

「トロイの木馬」にしても中に人が隠れることができる巨大な木馬と言う事は知っていましたが、トロイ戦争において決め手になったと言われるこの木馬の役割はよく知らなかったのでとても興味深かったです。

敵国の王妃を奪い去った事で始まったトロイ戦争。
そんな愚行を王子がしてしまうなんてとんでもない話で、「純愛だな~」なんて言えるものではないのですが、
オーランド・ブルームとダイアン・クルーガーの美男美女を見てると
「ありなのか?」と思わされてしまう(^_^;)

一番の悲劇の人はヘクトル(エリック・バナ)だったと思います。
トロイの長兄王子ですね。
アキレスのいとこをアキレスと思いこんで殺してしまったことからアキレスとの決闘を余儀なくされました。
戦う運命に身をおきながら愛する者を残して死と向き合う苦悩の姿が一番胸にジンと来ました。

そして思った事・・<いつの世も、女は男に安らぎも与えるが災厄も与えるもの>ってことですね。

troy.jpg



参考サイト  http://movie.goo.ne.jp/special/troy/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

」グラデイ・エーター」、「アレキサンダー」などの歴史モノは多々あるが、本作も中々の出来です。時間は長いけど要所要所に戦闘シーンが入っていたから飽きずに最後まで観れました。内容もそうだが、キャッスティングも良かったです。
【2005/11/26 17:04】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/126-1de18751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。