ai~ずRoom
映画の鑑賞とトールペインティングの作品の記録。 そしてささやかな日常日記。
プロフィール

ai

  • Author:ai
  • 映画大好き♪
    特にサスペンス、ホラーが好みですが、社会派、戦争物、感動物、ジャンルは問いません。
    旧作、新作に関わらずいい作品と出逢いたくアンテナ張っています。
    お気に入りの一本、是非是非教えてください。

    映画の話で盛り上がりましょう~♪


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
「ブラザーズ・グリム」
あらすじ…ウィル(マット・デイモン)とジェイコブ(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、イカサマの魔物退治で賞金を稼ぎながら、民話を収集する旅を続けていた。しかしフランス占領下にあるドイツの村でイカサマがばれて逮捕されてた挙句、森で少女たちが姿を消す事件の調査をやらされることに。ガイド役のアンジェリカと共に呪われたマルバデンの森へ向かった彼らは、森の奥にそびえ立つ塔に辿り着く。アンジェリカからそこに暮らす女王の逸話を聞く。

19世紀ドイツの片田舎の村。そこには赤ずきんちゃんも住んでいれば、ヘンデルとグレーテルも住んでいたりします。
しかもその2人の少女も「少女失踪事件」に絡んでくるのだから面白いです。

グリム兄弟は実在の人物で「ドイツ言語学者」であり「文献学者」でもあり「文学者」です。
民間伝承を研究していた事からメルヘン集の出版を依頼され情報収集に旅したといいます。
映画の中で兄は現実主義者、弟は空想好きのロマンチストとして描かれていますが、「グリム童話」にふたりが携わり書かれたものなのなら、
この映画の中の設定は納得させるものがありますね。
「グリム童話」はメルヘンでありながら現実的でもあり「残酷要素」が多分に含まれています。
こうしたふたりの相反する個性が入り組んで生まれた作品なのだと思うとなるほどと感じさせるものがあります。

作品はわかりやすくこの映画そのものがひとつのグリム童話のようです。
永遠の命を手に入れたものの、若さの魔法を掛け忘れたためにミイラのままで生き続ける女王。若さの魔法を手に入れるためにアンジェリカの父を操り少女達を誘拐させていたのでした。

絶世の美女役のモニカ・ベルッチはまさに空想の中の者のような美しさで存在感がありました。
もう少しアクが強くても良かったかなという印象で、そう言う点では二コール・キッドマンあたりに演じてみて欲しかった気も。

動き回る木や、魔物などハリーポッターを彷彿させる雰囲気が多く、映像的に斬新なものは感じなかったものの、出てくるグリム童話に「あれだな」と気付く楽しみや、軽く散りばめられたユーモアに笑えもして気楽に楽しめる作品でした。

ちなみに登場するグリム童話は「赤ずきん」「かえるの王子様」「灰かぶり(シンデレラ)」「ラプンツェル」「ヘンデルとグレーテル」「白雪姫」「いばら姫」です。
自分の中でアンデルセン童話と間違えていた童話もあったりして、改めて作品の確認をするきっかけにもなりました。

20051105224920.jpg


公式サイト  http://www.b-grimm.com/
スポンサーサイト

▲TOP
この記事に対するコメント

遅くなりましたが、「ネバーランド」のトラックバックありがとうございました。
ものすごい作品数をご覧になってるのですね。
鑑賞は映画館かDVDかレンタルか・・・どちらが多いですか?
ブラザーズグリムはつい最近の公開ですよね。私も見たい作品の一つです。

トールペインティングの作品も素敵ですね。
2人の天使とDOGがよかったです。
【2005/11/07 05:32】 URL | saba #.hdhzgyY [ 編集]


TBありがとうございます!
予備知識なしで観に行ったのですが、予想を裏切る展開にすっかり
楽しませていただいた良作でした。
ニコール・キッドマンは思いつかなかったですけど、あの役にはハマル
かもしれませんね!
【2005/11/07 22:13】 URL | t2o #- [ 編集]


TBありがとうございます。
ニコールのお姫様観たい気もしますが、彼女セリフなし!にはガマンできないような気がします。もっと積極的なキスをすることでしょう!
では
【2005/11/08 00:44】 URL | こざっく #195Lvy4Y [ 編集]


一見重々しい作品なのかと思ってたが、意外に小ネタ満載でプッと吹き出す場面も沢山あったです。特にヒース・レジャーの抜けっぷりが笑えました。ちょっとひねくれた感じがギリアムならでは。謎解きも面白かったです。
【2005/11/26 17:12】 URL | メメント #- [ 編集]

▲TOP

この記事に対するコメントの投稿















▲TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kmaiai.blog6.fc2.com/tb.php/124-2034bdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラザーズ・グリム

ほんとはコープス・ブライドを観たいと思っていたのですが、今日は錦糸町シネマ8楽天地の特別鑑賞券(タダ券)をいただいたので上映している作品の1つ、ブラザーズ・グリムを観てきました。(実はコープス・ブライドも上映しているのですが、機動戦士Zガンダム?と併映。私 t2o's log【2005/11/07 22:10】

『ブラザーズ・グリム』を観てきた。

観てきました。『ブラザーズ・グリム』!混んでいると思ったら初日だったのですね~前売り買ってたので1300円で観ちゃいました。初日だからなのか、なんだか入り口で「おまけ」配ってました。でもってお話しは、、、ペテン悪魔退治で金儲けするグリム兄弟がときの将軍に 映画観たよ(^^)【2005/11/08 00:41】

ブラザーズ・グリム THE BROTHERS GRIMM

マット・デイモン、ヒース・レッジャー、モニカ・ベルッチ主演ドイツの童話作家 グリム兄弟の物語この映画では兄弟が村の呪いや魔法を解くふりをして旅をし色々な言い伝えを書き記している 詐欺師のように描かれるある街でそんなペテンがばれそうになりフランス政府から、 travelyuu とらべるゆうめも MEMO【2005/11/08 12:39】
▲TOP
ブログ内検索

RSSフィード

感想にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。